スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党分裂

小沢さんなど50人が離党表明し、とうとう民主党が分裂しました。衆議院38人、参議院12人という50人は微妙な人数ではありますが。

今回離党した方々は、民主党の中では比較的筋が通っている、今後も捨てたものではないという面々と言えるかもしれません。もしくは小沢さんに付いて行くしか生き残る道がないと判断した方々もそうでしょう。

興味深いのは反対票を投じて離党表明をしていない方々と、欠席や棄権をした方々です。中でも存在感を示したのが、離党名簿に含まれていながら今日「勝手に提出された」とドタキャンしたお二方(階猛さんと辻恵さん、いずれも当選2回)です。この方々の今後の活動に注目です。あとは原口さんにも注目。

離党する方もしない方も、民主党の衆議院議員の方々は危機感一杯のはずです。猛烈な順風が吹いていた3年前と違い、風向きは全く逆に変わってしまいました。現在は「民主党も自民党もダメだ」という人は多くても、「民主党の今後に期待」する人はさほど多くないでしょう。

現実的な対応としては、自民党でも民主党でもないその他の勢力に加担することです。これが一番生き残れる確率が高いです。それでも一年生議員さんにはきついでしょうけども。小沢さんについて行くのもその選択肢の一つですが、3年前のマニフェストを復唱するだけであれば厳しいでしょうか。

とにかくこの1年ほどの間に衆議院選挙があるのは間違いありません。我々のできることは、地元の政治家がこの3年間どんなことをやってきたかを評価し、それを一票という形で表現することです。

鳩山さん、菅さん、野田さん、輿石さん、仙石さん、岡田さん、前原さん、枝野さん、このあたりの民主党の中枢にいた方々にどういう評価が出るのか興味津々です。小沢さんも決して安泰ではないでしょうね。ただ比例復活があるのでほとんど当選はできるでしょう。

こう書きながら資料を検索していたところ、原口さんの欠席は、次の代表戦で勝算のある小沢派を残す狙いがあるという見方がありました。原口さんが代表になれば小沢新党やその他大勢の元民主党勢力と連立して実質的な民主党後継政党になるとのことです。その間に自民党は弱体化している、と。なるほど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。