橋下市長の不倫スキャンダル

今日の週刊誌に出ているようですが、大阪市長である橋下さんが過去に不倫をしていたとのことです。

まあ男にとって不倫願望はあるものでしょうし、英雄色を好むということわざもあります。仕事のできない品行方正な人より仕事のできる不倫歴のある人の方がはるかにましという考え方も当然できるでしょう。私もこの方向で考えているつもりです。

私は大阪市の長として不倫ということがどのくらいの社会的制裁を受けるべきものなのかがわからないのですが、辞職とならないとしても処分の対象になるのであればノープロブレムというわけにはいかないでしょう。

いつものYahoo掲示板では、タバコや入れ墨はダメでも不倫はいいのか、というような意見が数多くありました。入れ墨はさすがに比較できないでしょうけども(直接仕事に影響があるので)、道徳的なふるまいを求める人としてはちょっとどうかなという部分はあります。

あとは当初「食事をしただけ」と弁明し、その後不倫していたことを認めたという経緯だったようですから、あまり潔くないかなという印象はあります。マスコミはどうやらその部分はあまり報じていません。「**新聞 橋下徹」と検索すればどんな扱いなのかわかります。A新聞、M新聞はさらりと触れ、産経ではないSK新聞なんて全くという感じです。

7人の子供がいる中での不倫というのは、奥さまからしてみれば大ショックでしょう。我が家でも2人の子供だけで妻がどれだけ苦労しているかはよくわかります。一発離婚+多額の慰謝料になっても全くおかしくないことです。発覚した18日のコメントでは、奥さまへの謝罪のコメントが見当たりませんでした。食事をしただけというコメントと整合性をとるためでしょうけども、最初から認めて謝っていれば、と思います。

まあいずれにしても、不倫を帳消しとするような仕事ぶりが今後求められるのは間違いありません。国政はしばらく封印してまずは大阪をよくすることです。生活保護不正受給問題は中でも最優先課題ですから、この難題を上手に解決することが必須となるでしょう。

ただ、芸人の不正受給問題にはノーコメントだったようですから、ちょっと不安ではあります。水面下で動いていればいいのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR