スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ147の1.6を試乗

ツインスパークエンジンが姿を消した今、非常に気になっているのが中古のアルファ147です。エンジンとしては非常に官能的と評される2000ccと、バランスがいいと言われる1600ccの2種類があり、両方とも右ハンドル5速マニュアルの選択ができます(2.0は前期型3ドアのみ)。

たまたま500を買ったお店に1600があったため試乗させていただきました。2005年式の後期型、走行60000km弱のものです。タイヤは結構くたびれたレグノ9000で、サイズは確認しなかったのですが195/60-15のはずです。

久々の5速マニュアルですが、なかなか楽しめました。ストロークはかなり大きくゆるーい感じで入りますが、全然嫌ではなく、これはこれで心地よいと感じました。ボディサイズもあまり大きいとは感じず、意のままに動かせると書くと大げさですがいい具合に一体感が味わえました。着座位置も低すぎず違和感なし。シートのサイドサポートが大きいせいかメタボの体には包まれ感が結構強いかな(車のせいではないよ)。

エンジンは3500回転を超えるとやっといい音がし出すという感じで、4000回転までは回したいなと思いました。2速で頑張って回すのがせいぜいでしょうか。オイルが劣化しているといけないので4500回転まで1回だけ回したのですが、スムーズに回りました。

街乗りではほとんど2500回転以下になるでしょうから、3500回転というのは相当頑張らないといけない感じです。楽しもうとすると疲れます。もちろん2800回転だから静かであるかというとそうではないです。

しかしながら、メーター周りのクラシカルな感じ、エンジンもやはりクラシカル、これはこれでいい味出してます。欲を言えば色は赤が好みですし、モデルチェンジ前の顔の方がよかったですが。500の横に置いて週1-2回乗るにはいいかもしれません。セレスピードでなければ立ち往生するトラブルも最小限でしょうし。

ただ予想以上にMINIのエンジンがよかっただけに、そして同じツインスパークでも2000ccだったらもっといい音がするかもしれないと思うと、さらに悩みは深くなりました。7年落ちの車で車検込み100万円オーバーのお値段も微妙で、結構勇気が必要です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。