スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今手に入る車でほしいもの

最近試乗三昧で、充実しています。ただ欲しい車ということになると、結構限られます。

日本車で欲しい車はほとんどありません。そろそろデビューするホンダのN-ONEが唯一気になりましたが背の高いスタイルで残念ですしマニュアルミッションの設定がなさそうです。ダイハツコペンはいい線行っていますが買うのは勇気が必要です。

ドイツ車は家にポロがあるので、VWとアウディは除外。BMWはストレート6を積むコンパクトなワゴンがあればいいのですが、現行の3シリーズワゴンはエンジンが4気筒ターボのみで全長4625mm全幅1800mm最小回転半径5.4mと巨大になってしまいました。私が歴代で一番好きなE46の3シリーズツーリングですとエンジンは6気筒2500cc、全長4480mm全幅1740mm最小回転半径4.9mですから・・・

1シリーズや3シリーズの4気筒だとMINIで十分、というかBMWはちょっと存在感がありすぎて、同じ系統のエンジンを積むMINIの方が目立たなくて好都合です。メルセデスベンツは実は一回も試乗をしていないのでわかりませんが、存在感がありすぎて買うことはおそらくないでしょう。

ポルシェ・・・ボクスターはちょっと惹かれます。でも近所で乗るのは勇気が必要です。フェラーリもランボルギーニもマセラティも同様。どれもパワーがありすぎてエンジンを回せず、私には猫に小判でしょう。

フランス車はシトロエンDSが結構気になります。1.6のBMWやMINIと基本が同じエンジンは魅力です。MINIの代わりにDS3を買ってもいいかもしれませんが、ノンターボでは4速ATになるのがネックです。

そんなわけで結局フィアットかアルファが最有力になってしまいます。新車ではフィアット500、フィアットパンダ、フィアットプント、アルファMiToあたりが対象となり、中古まで広げるとアルファ147、アルファGT、アルファスパイダーが入ってきます。

フィアット500ツインエアを残し、この中で次期愛車候補として現実的に考えると、BMW MINI、アルファMiTo、アルファ147、コペンくらいしか残りません。他のアルファは高いですし中古でも古いのに割高です。BMW325iツーリングもまだまだ高く、同年式のアルファ147の2.0より割高でトラブルは147より多いかもしれません。

しまった、アルファ156の2.5V6を忘れてた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

N-one自分も気になっていましたが、やはりオートマしかなさそうなんですね。
もう少し背が低くて、MTがあればいい車になりそうなんですがねーーおしい。

あとは自分だとnewpanda 100hpなんかが気になります。

No title

N-ONEはホンダのスポーティー路線復活のいいきっかけだと思ったのですが、中途半端ですね。
一体誰をターゲットにしているのかわかりません。あのスタイルではノスタルジーにも浸れませんし・・・
もちろんリアルタイムにN360に接したわけではないのですが。

N360を再現したスタイルで、ビートの660cc3気筒、マニュアルトランスミッション、このあたりを
装備していたら私は間違いなく購入したことでしょう。

newpandaの100hpですか。実はまだあのエンジンの車をまともに乗ったことがないのですが、
フィアット500の話だといいエンジンのようですね。一度乗ってみたいです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。