スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田内閣支持率10%台に

とうとう野田内閣の支持率が20%を割り込みました。読売新聞の調査では19%、共同通信の調査では17%だそうです。地元新聞によると最近の内閣はこのあたりで例外なく退陣に向かっているとのことですが、逆に先送りムードが高まっているようです。

今先送りをするとどうなるか、民主党議員の大半が無職になるのはしばらく延びそうですが、それ以外はいい要素がないと思います。先送りすればするほど民主党の失態がクローズアップされ、次の選挙で100人残るはずの議員が70人になったりするわけです。

自民党の大失態があれば形勢逆転だとか、今を耐えれば皆今までのことは忘れてくれるだろうとかのもくろみもあると思うのですが、この数ヶ月自民党は大失態を犯していませんし、逆に民主党は大失態を数々犯しています。法務大臣の任命責任、政治資金規正法違反、などですね。

過去にさんざん指摘され、何度も大臣をやめさせても、これから大臣になる人の外国人献金すら、過去のやばい付き合いすらチェックできていないわけです。任命責任どころの騒ぎではなく、救いようのない無能としか表現しようがありません。

今後民主党が政権に居座ることは、日本を停滞させることと同義です。まさか民主党は政権交代直前に自分たちがやってきたことを忘れてはいないでしょうから、自民党の審議拒否など批判できる立場ではないと思うのですが、過去の自分たちの発言と整合性をとるには今すぐ解散しかあり得ないはずです。

まあ少なくとも、当初のふれこみの「日本を根本からよくする」ことは考えていないようですから、いずれにしても次の選挙ではこの3年あまりの仕事ぶりの評価を聞いていただくようになります。

しかしながら、いまだに20%近く支持があるのもどうかと思います。どういう層が支持しているのでしょうか。まさかこの段階になっても自民公明政権よりはましだという考えがあるのでしょうか。

そしてその20%近くの層は今度の総選挙でどこに投票するか、考えると結構怖いです。投票率が60%として、その20%近くの人たちが全て投票所に向かって民主党に入れるとするならば、民主党の得票率は倍増の40%になります。そしてこれが民主党でなくて別の党だとすると・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自民党が官僚の言いなりだと思ってましたが、民主党になったら、もっと官僚の言いなりになった。
要は、そこまで深く政治を知ってる政治家が少ないって事でしょうかね。
松下経政塾も大した事なかったって感じですね。
民主党には官僚上がりの良い人材がいると思ってたけど、所詮 公務員上がり。一般企業の人材と違って、上司の方針に反旗を振りかざして止めたのではないのだな?っていうものわかりました。反旗を振りかざしてるのなら公務員改革をもっとするはずなのに・・・。官僚の言いなりですからね。
自分らの生活維持の為の政権って意味あるだろうか?
国民の生活が第一じゃなくて政治家の生活が第一じゃ、お話になりませんよね。(苦笑)

No title

おっしゃる通りです。

松下政経塾の顔ぶれは野田さん、前原さん、玄葉さん、原口さん、樽床さん、というように
民主党の中枢にたくさんいるのですが、一体何を教わったのか問いただしたいです。

政治家の生活が第一、まさにそうですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。