軽自動車に魅力的なモデルを!

復刻車のところで書き忘れたのですが、トヨタ86/スバルBRZもその一つです。ただし名前だけ86で、実際はスタイリングもコンセプトもまったく別物です。そして何よりターゲットユーザーまで違っていて、86レビントレノが若者が乗れる車であったのに86/BRZは完全に中高年以上向けとなってしまいました。

以前にも書きましたが、コミコミ180万円くらいで買えた車が本体のみ250万円、つまり1.5倍になってしまってはどうにもならないでしょう。若者の収入は果たして1.5倍になっているでしょうか。また楽しめる速度域が上がってしまい、一般道では楽しみにくくなっていると思います。

安全面での割り切りが許されなくなり、高コストが余儀なくされ、その中車離れが進む若者をターゲットとするのはかなり勇気が必要なことでしょう。でもそれをやらないといずれ先細りになるのは間違いないでしょう。

その点軽自動車は結構チャレンジできるはずです。既存のシャシーをベースにモデルチェンジするつもりで開発すれば、コミコミ100-120万円で売れる車を作るのは難しくありません。しかも現代の軽自動車はもう我慢が必要な車ではなくなっています。

私が免許をとった頃に憧れた、エアコン+パワステ+パワーウインドウ+集中ドアロックという装備は付いているのが当たり前になりました。乗り心地だって昔の1500ccクラスより上のモデルはたくさんあります。ABSまで当たり前のようについています。高速を100km/hで走るのも楽勝でしょう。

この軽自動車というカテゴリーで、過去の名車をなるべく忠実に、魂を入れて復刻すれば、若者もおぢさんも買うことでしょう。音とフィーリングがいいエンジンを載せれば5速MTでも売れるでしょう。MINIのようにオプションで儲けるようにすればなおいいです。

そういう意味で今回のホンダN ONEは非常に残念です。ビートのエンジンという実績もありますし、国産メーカーでは一番ヒット作が出やすい状況にあります。スポーティーなホンダを取り戻す絶好のチャンスでした。過去のトゥデイにこのエンジンを積んだモデルがあるのですが、これをベースに外観を新設計して装備をプラスしただけでいけたでしょう。

もうミニバンのホンダという地位に安住してしまったのでしょうか。最近F1にエンジン供給を検討しているという噂があるのですが、スポーティーな車がほとんど壊滅しているのではあまり意味がありません。ビート復活という噂もありますが、これも富裕層向けですので、若者が安く買えて楽しめるハッチバックが出てほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔から若者の味方はホンダでしたよね・・・。
でも今は、マツダかな?(笑)
とにかく他のモノの価格上昇はそれほどでもないですが、車だけは、やたらと高くなってますね。
こんな価格設定ですとそれこそ、韓国企業のヒュンダイ辺りに抜かれてしまうでしょう。
面白い事実をひとつ。韓国のタイヤメーカーでハンコックっていうメーカーがあるのですが、世界的には、ブリジストンやダンロップと同列扱いですが、日本だけB級タイヤ扱いだそうですよ。
こんな卑怯な事をしてると、そのうちしっぺ返しがきそうですね。
家電でも世界的にはLGやサムスンが売れてるでしょ?
価格を見直ししないと駄目ですよね。

No title

マツダはデミオはなかなかよかったですが、軽自動車をもう少し何とかしてほしいです。
今はアルトのグリルをちょっと換えただけのキャロルとかそんな感じばかりですが、
やろうと思えばもう少しできるはずです。

車が高くなるのは安全性の向上とか装備の充実とか、まあ仕方ない部分はありますが、
コミコミ100万円くらいで売っている軽自動車はもう少し頑張らないといけないでしょう。

車は乗れればいいという人には、韓国メーカーは脅威になるでしょうね。
今はそれ以上のものも十分あるようですし。

ただ日本の軽自動車との競争は難しいですね。120万円で軽自動車と韓国車とどちらを
買うかというと、普通の人は軽自動車を選ぶでしょう。ただ外国ではそれは通用しません。

タイヤについてはオートバックスでクムホを大々的に扱っていますので、仮にB級という
位置づけでも安いのである程度売れているでしょう。私が最近購入したホイールには
クムホのタイヤがついているのですが、やはりB級と感じてしまいます。
詳しくはリンクのところの「酔竜の館みんカラ版」に書いてあります。

LGやSAMSUNGは国家的プロデュースが奏功しているようですね。
韓国の強烈なウォン安政策で成立している部分がありますし、今後は不透明です。
まあそれでも日本メーカーがこんなに苦戦していてはいけないですね。情けないです。

価格競争になると日本メーカーはかなり不利です。ただしプレミアムメーカーとしてだけ
では生き残れないですから、今後どういう経営をするのか興味があります。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR