スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープこの数年の背番号変更

活躍した選手や活躍が期待される選手にいい背番号を付けてもらうことはよくあることですが、カープの場合は非常に少ないようです。新入団選手にいきなりいい背番号をということはあっても、背番号を変更していい番号になることはこの数年かなり少ないです。

この10年間の実績はと言いますと(背番号がよくなった選手に限る)
2003年オフ 嶋 重宣00→55
2004年オフ 尾形佳紀0→4 小山田保裕39→11 小林幹英29→21 広池浩司68→28
2005年オフ 栗原健太50→5 佐竹健太36→13
2006年オフ 井生崇光64→0 梵英心32→6
2007年オフ 前田健太34→18 齊藤悠葵60→21 上村和裕66→27 天谷宗一郎69→49
2008年オフ なし
2009年オフ 小窪哲也12→4
2010年オフ 中東直己35→00
2011年オフ なし
2012年オフ なし

明らかにこの5年とその前の5年で移動の数が違います。もう少し変更した方がモチベーションが上がると思います。チーム成績は大差ないのにこの5年は・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

背番号が大きく変わるって事は、入団時はさほど期待されてなかった選手が伸びて戦力となった証ですから、広島らしいと言えばらしいですね(笑)。

No title

つまり、栗原と梵以降はめぼしい選手がドラフト下位から出ていないということですね。
新人の野手にいい番号をあげるようになったわけでもありませんし。

野手はろくな育成ができていないことがすっかりバレてしまいました。

一桁番号の選手が活躍してほしいんですけどね。
1番前田智徳、2番東出、4番小窪、5番栗原、6番梵、あとは欠番です。
栗原の故障があり、今年のスタメン野手はこの中でゼロということもありました。
さすがにまずいですね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。