スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の深刻なバイク事情

デフレ一色の世の中、バイクの値段はそれに逆行するように上がっています。では大幅な技術向上があったかというとさほどでもなく、メーター回りがちょっと豪華になったとか、ABSが付いたとか(大排気量のみ)、排ガス規制のためインジェクションが付いた(セロー250では3万円の値上げ)、とかです。

今国内で売られているバイクの価格をリストアップしてみたのですが、若者はどうしたらいいのか悩みますね。250ccの単気筒か2気筒を中古で買うのが最有力ですが、私の若かった頃と違い中古はめちゃめちゃ高いです。供給が少なく中間マージンが増えればそうなりますよね。個人売買もあまり盛んではないようですし、乗れない人が増えるのは当然です。

今はナナハンを買おうとすると国内にあるのはホンダのシャドウ(V型2気筒のアメリカン)のみで88万円と結構高いです。ハーレー883が94万円ですから普通そっちを買いますよね。4気筒のナナハンロードスポーツは国内にはなく、逆輸入車ではカワサキZ800の88万円とスズキGSR750の103万円・・・

私が以前好きだったカワサキZR-7なんて新車で70万円弱でした。これ10年前で675000円(税抜)、消費税を5%としても70.9万円です。確かホンダのCB750やスズキのGSF750も同じくらいの値段だったはずです。今車両本体価格70万円というと400ccの4気筒しか買えません。それも国内にあるのはホンダCB400 SUPER FOURの71.9万円とスズキGSR400ABSの86万円だけ・・・

私の青春時代の相棒と言えば、250cc単気筒オフロードと2気筒ロードスポーツが主でした。今国内で売られているのは単気筒オフではホンダCRF250Lの45万円(XLRの後継か、タイ製)とヤマハセロー250の49万円、カワサキKLX250の42.8万円(タイ製)くらいです。セロー225にセルが付いたと喜んでいた時代は35万円弱(税抜)でした・・・

2気筒オンロードというとホンダVTR250が54万円、スズキGSR250が43.9万円(タイ製)、カワサキNinja250Rが53.3万円(タイ製)となります。ホンダVTZなんて40万円をやや切ってましたから・・・

4気筒250ccレーサーレプリカは憧れでした。ホンダCBR250Rは新車で買うと60万円以上したでしょうか。中古の値下がりもほとんど期待できず、とても購入対象に入りませんでした。今は4気筒250ccは絶滅し、憧れのCBR250Rは何とタイ製の単気筒レーサーレプリカもどきになってしまいました。

今中古で250ccバイクを買おうとすると、20年前のバイクが平気でコミコミ20万円くらいしてしまいます。こんなのがよく売り物になるなとびっくりです。年式不明のホンダVTR250の5000km走行がコミコミ40万円なんて誰が買うんだろうと思ってしまいます。ちなみに5年落ちと表示があってもコミコミ40万円くらい。

私の若いころは5-6年落ちくらいでコミコミ20万円のものはごろごろありました。このくらいだと個人売買は5万円とか10万円とか。当時は5-6年前のモデルと最新モデルは相当性能差があったのでしょうけども、いい時代でした。

今の若い人は個人売買で10年落ちのホンダVTRを15万円くらいで手に入れるくらいしか方法がなさそうですね。でもこれではバイク屋さんがつぶれてしまいます。車では軽自動車があるように、若者が乗れる安くてかっこいいバイクを作らないといけません。

できれば免許制度を変更して、普通免許で125ccまで乗れるようにしてほしいです。それで安く作れる125ccを流行らせて若者に乗ってもらう。これが実は一番現実的な方法かもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

深刻なバイク事情というより、深刻な税金事情っていう方が正しいかもしれませんね。(笑)
若い子との交わりが酔竜さんより私の方があると思うので、あえて言いますけど、今の子はとにかく税金を払いたくないって気持ちが凄く強いですよ。でも日本で生きてる以上最低限度の税金は収める意識はありますけど、嗜好品に訳のわからない税金が加味されてる事を知ると、とにかくそんなモノには手を出さない子が増えてます。酒、タバコ、バイク、高級車などなど。ブライダルをしてるとよくわかりますが、昔は彼女をクラウンやセドリッククラスの車、スポーツ車に乗せて衣裳合わせに来るっていうのが定番でしたが、今は彼女の軽自動車の助手席に乗ってやってきます(笑)。実家から離れないのも一人で暮らすと税金がかかるからですよ。自由を求めて一人暮らしした我々では考えられない現実がそこにはあります。日本って消費税率は低いですが、いろんな訳のわからない税金が結構かかってます。
あるお年寄りが、車を手放し、近くのコンビニやスーパーに行くのにもタクシーを呼ぶ方がいますが、年間でのコストはタクシーの方が安く付くそうです。ガソリンの税金、車のローン、車検、保険、タイヤを含むカー用品代を考えますと、相当に安く済んだらしいですね。
今の若い子は、凄く利口ですよ。リアルに会いに行かなくてもスマホがあれば、友人とのコミュニティは図れる。
だから車は維持費がかかるし不要って事になるわけですよ。スマホで顔見ながら、自宅で話が出来る。(笑)
携帯電話というか我々世代にはないコミュニケーションツールがあるだけで、生活はここまで変わるのです。
たぶん、我々も老後は、PCやTVにて、スーパーに行かずして、食材をゲットする時代がもう来てますよ。

No title

そうなんでしょうね。私の考えが及ばないくらい若者のライフスタイルは変化しているようですね。

税金を払いたくないからモノを買わないというのは、ちょっと理解できません。
消費税は仕方がないけど、それ以外の税金が付いていると心情的に手を出さないってことですよね。
そういう理由をつけているだけで、あってもなくても構わないものにお金をかけないという考えであれば
理解できるのですが・・・

車は軽自動車で十分っていうのはよくわかります。見栄さえ張らなければ十分な性能がありますから。
軽自動車1台でバイクなしというのが一番経済的で、年間コストはタクシーより下になるかもしれません。

バイクだけで交通手段を賄うのはそれ以上に経済的ですが、さすがにそれはないですか。

No title


排ガス規制もあって、その時に随分車種も減って少なくなってしまったのも、残念でした。いい車種が消えていったのは非常に悲しかったです。

コメント読んで思いましたが、確かに最近軽四乗ってる若い男子多いですね。
みんな何にお金を使ってるのか疑問です。ためてるのかな??

No title

やはり750以下の4気筒が急激に減ったのは痛いですね。

若者は貯蓄傾向があるとどこかで読んだことがあります。
実際はどうなんでしょうか。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。