スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が車を買い替える時

こんなことをウダウダ書いても、結局は「新しいのが欲しいだけだろ」と思われるでしょうし、それは大きな理由の一つでもあるので否定しませんが、一応書いてみます。

車を買う時、雑誌の記事を読んだりネットでオーナーの方々の記事を読んだりして情報を集め、仕上げに試乗をしてという順番になります。情報の通りのことも多いですが、こんなはずではというものもあったり、小さい欠点だから仕方ないかというものもあります。

完璧な車はありませんから、大なり小なり妥協して買うわけですが、時間が経つにつれてその欠点によるストレスがどんどん大きくなり、そのうちどうにも我慢できなくなります。つまりいい点には慣れて、欠点ばかり目につくようになるわけです。そうすると買い替えたくなります。最近の車で言うと、

マツダデミオ(1300cc4速AT): エンジンの味、直進安定性
フィアットパンダ(1200cc5速AT): エンジンの味、乗り心地、トランスミッションの不安
BMW318ti(2000cc5速AT): エンジンの味、視界の悪さ、乗り心地

結局どの車もエンジンの味が大なり小なり欠点になっています。またおおむね1カ月もすればわかるような欠点ばかりですが、試乗の時にはわからないことがほとんどです。そうなると今の車の欠点というのも・・・

フィアット500(900ccターボ5速AT): エンジンの味?、変速などの制御
アルファ147(2000cc5速MT): 小回りが利かない、乗り心地が悪い、いつ壊れてもおかしくない

フィアット500は本当に欠点が少ないですが、購入の動機でもあったエンジンの味が微妙です。アルファ147と交互に乗ることで何とかしていますが、147があまりにもよすぎたせいか微妙になってきました。あと制御面ですが、変速タイミングが微妙に感覚と合わず、特に坂道が絡むとマニュアルモードにしたくなります。ECOモードのパワー感で変速タイミングだけ少し回転数を上げる方向でやってくれればいいのですが・・・

アルファ147は購入時からわかっていた欠点ばかりです。今のところそれ以外の面が非常に素晴らしいのでしばらくは大丈夫だと思います。ただ9年落ちなので2年乗れればいいやというつもりで買ったもので、次の車選びが難しくなりそうなのが難点です。

こういう点が買い替えのポイントとなりますが、その他途中で価値観が変わってしまうという理由もあったりします。途中から急にATでボディサイズが比較的大きいモデルも買うようになったのがわかりやすいです。最近はMTのよさを147で教わりましたが。

2台所有という無理をすれば、ある程度欠点が補えます。小さいサイズと大きめサイズ(それでも4m×1.7mくらい)、MTとAT、運転を楽しむ車と癒される車、というような棲み分けができれば最高です。しかしこれがまた難しい・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。