スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院経営で規制緩和か

昨日の地元新聞の記事ですが、病院の院長・理事長には医師しかなれないという規制を緩和することに安倍総理が前向きであると表明したようです。「経営感覚を持った人が重要な位置にいることがポイント」とのこと。ただ株式会社の病院経営への参加は否定的とのことです。

要するに現状では、経営感覚の乏しい医師が病院のトップにいるから医療費が上がるばかりなのだ、というような考え方が主体となっているようです。まあしかしこれは医療現場を全く知らないなと言わせていただきます。

病院経営ってものすごく難しいと思います。効率優先だと患者満足度は低下し、職員はどんどんやめていきます。医師も看護師も不足気味ですからやめても再就職先はいくらでもあります。最低限の検査で、と一人当たりの診療コストを下げていくと病院が立ち行かなくなります。

入院が必要だけど外来で経過をみようとするとベッド稼働率が下がり経営を圧迫します。だからといってベッド数を減らすと人件費は浮きますが、冬場など入院が増える時にあっという間に満床になり受け入れ不能が発生します。一時的に決まっているベッド数以上に患者さんを受け入れることもできますが、すぐにお上から指導が入ります。もちろんその間看護師さんはオーバーワークです。

では逆に、濃厚な検査、濃厚な治療をして患者さん一人当たりの収入を上げようとたくらむとどうなるでしょうか。最近は健康保険の審査がかなり厳しくなってきて、ちょっとでも怪しいと思われると容赦なくカットされます。

それもエスカレートしていて、尿道に管を入れる時の麻酔剤入りゼリーの量が15mlはダメで10mlにカットされたという例もあります。カット分は40円かな。レセプト(診療報酬の請求書)に理由を書いていてもダメなことが多々ありました。カットするのは健康保険組合から委託された医師で、医師は医師の味方であってほしいのですが、おそらくカットすればするほど報酬がアップするシステムでもあるのでしょう。

ちなみにこのレセプト、病名漏れがあれば容赦なく削られます。病名に「糖尿病」が抜けていれば糖尿病治療薬が全部カットされ病院の損失になります。再請求してもダメです。また最近は過去にさかのぼってチェックされ、不適切なものがあれば1年前に出した薬がカットされてお金を返せと言われます。不適切というのは病名漏れなどケアレスミスもありますが、医師の裁量で出した適応外の処方もそうです。適応外というのは薬の説明書きには書いていないものの、学会発表などがあり専門医の間で効果があるとコンセンサスが得られているものです。患者さんのためにと思って処方しているのに・・・

そういう中、医療費削減に向かって舵を切るとすれば、診療報酬が減っても病院がつぶれない、患者さんへのサービスが低下しないというバックアップ体制が必要になるはずですが、よほど上手にやらないと無理だと思います。まあ現状ではありえないです。

一方で、何が本当に医療費を押し上げている要素なのか、わかっているはずなのにそこはいじれないのです。高度先進医療もそうでしょう。高齢者への延命治療もそうでしょう。好き放題やって体を壊して病院に搬送され、心筋梗塞と診断され緊急手術を受けるとか、腎臓がやられているから透析するとか、そういうのってめちゃくちゃお金がかかります。生活保護だとすると本人負担はありませんし、健康保険と違ってうるさく言われませんし。

まあこれを言い出すと本当に必要な医療まで削られそうなのでそういう部分は肯定するしかありません。ただ高齢者の延命治療とか、高齢者を一人養うのに必要なお金が月15-20万円というのは今後も続けられるとは思えません。誰しも命の価値は平等だというきれいごとを言っていては、本当に手助けが必要な人が困ります。

今までの医療については金儲け主義との批判も当然ありましたが、一方では医師の使命感に支えられてきた部分はかなり大きいです。金儲け主義の医者が1割、能力のない医師が1割いても残りの8割がしっかりしてればいいでしょう。残りの8割の医師が困ること、働いて国や家族に貢献する人が困ることをすると国が滅びます。

最近埼玉県久喜市で25病院から救急搬送を断られて患者さんは亡くなったという痛ましいニュースがありました。これは医療行政がめちゃくちゃであることの氷山の一角です。どこの病院もぎりぎりでやっています。中には救急の看板をかけながら(補助金がもられる)救急車はなるべく断るという病院があるのも事実でしょう。

しかしそういう病院に対するペナルティもなければ受け入れた病院に対するインセンティブもなし、患者さんが理不尽な文句を言い出せば医師や病院が矢面に立たされ心身ともに疲弊する、そういう現状を放置して違うところに目を向けるのであれば医療崩壊は止まるはずはありません。

結局のところ病院というものは今の消防(救急)・警察と同じように国や自治体が一括管理という方向に進まざるを得ないのでしょうか。実際問題同じようなことを国公立病院でやってみればいいのです。患者さんが減ってしまうと訴える病院があっても無視すればいいです。その代わり夜間救急は必ず受け入れる、と。さてそのためにはベッド数、医師や看護師がどのくらい必要でしょうか。びっくりするくらい必要になるかもしれません。さて医療費は増えるでしょうか減るでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。