スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わけがわからないカープ

出だしの2カード連続勝ちなしという惨状からは抜け出したように見える3連勝ですが、実はDeNA戦の2連勝については相手のミスによる自滅なのでカープ本来の形で勝てた試合ではなく、「不思議の勝ち」の類が続いただけです。

阪神戦では初回菊池と丸の連続ヒットからルイスの犠牲フライで先制点を取り、まえけんのナイスピッチングもあってこれは去年にないパターンかもと思います。その後の点の取り方はちょっと大味で、偶然うまく点が入ってまえけんが楽に投げられた幸運もあるように思えます。得点圏打率は.250。

DeNAとの初戦は先発ソトが大乱調で初回にヒット3本四球2つで4点、3回にヒット5本四球1つで5点取りましたが、その後は1点も取れませんでした。得点圏打率は.500とさすがによかったですが、4回以降は得点圏自体が2回しかありませんでした。大竹ナイスピッチングでした。

DeNA2戦目は5回終了時で0-1と負けていましたが、6回にラミレスのまずい守備でレフトフライのはずが0アウト2塁になってしまい、結果タイムリー2本で2点入りました。それでリズムを崩したルーキー井納は7回にも調子を崩し2点とられました。得点圏打率は.231で、5回までは6回あった得点機会でノーヒットでした。先発バリントンが素晴らしいピッチングでした。

開幕当初の巨人とヤクルトの5試合についても僅差で負けた試合が多く、いろんな解説者からそんなに悪い負け方ではないと言われていたようです。ただ監督の采配で負けた面が大きく、この3連勝では監督の采配が左右する場面がなかったので(投手交代も順当でいけた)、まともにやればそこそこ勝てるのかもじれません。

とはいえ1点勝負のような試合で勝てないのは監督力とか機動力とか流れを変えられる選手の力に期待せざるを得ません。監督力は期待できませんし流れを変えられる選手は今はエルドレッドくらいでしょうか。ルイスも本調子になるまで時間はかかるでしょうし、丸が絶好調、菊池好調、エルドレッドそこそこ、その他は期待薄という(堂林は調子上向きかも?)状況では今後に期待するのが難しいです。

ただし今年は中日が力を落としていて(落合さんの財産を使い切ったか)ヤクルトも故障者続出、阪神も補強の割には・・・という感じで巨人以外はどこもあまり戦力に大きな差がないようにも見えます。選手の調子が上がったチーム、監督の采配が当たったチームがAクラスに行けるという感じでしょう。

ちなみに10試合消化して17個の盗塁は12球団ダントツ1位です。2位が西武の8個ですからすごいことです。打てない長距離砲を入れるより走れる選手をたくさん使うべきですね。あと体重122kgのエルドレッドがレフトというのは結構やばいです。菊池がセカンドでショート梵/安部というのもちょっと。菊池はポカをやらんかったらショートを守らしてもらえるんでしょうかね。

今日のDeNA戦は負けてもいいので、ぜひカープ本来の戦いをしてもらいたいものです。先発の野村は前回よくなかったですが復活できるでしょうか。あとメンバー表を確認すると8番野村9番安部という妙なことをしていますが、今年は去年のような「破天荒」ではないはずですよ。

<追記>さっそく1回表にノーアウト12塁のチャンスでルイスが送れずダブルプレイ、エルドレッドも三振とひどいスタートです。3番ルイス、4番エルドレッド、5番松山(栗原)、6番堂林、7番石原、8番野村でどうやって機動力を使えってんでしょうか。そういうことですかノムケンさん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。