スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配が現実のものに

昨日の負け方はやはり心配していた通りでした。最近の高打率バブルに浮かれて機動力をおろそかにしたこと、立ち上がりに苦労していた小杉投手を助けてしまったこと、そして結局再三チャンスを逃して相手に流れをあげてしまい点を取られたこと、もうシナリオ通りです。

ラジオの解説者も言っていましたが小杉投手はアップアップの立ち上がりでした。1回表に菊池のヒットと丸の四球で0アウト12塁、ルイスが初球セーフティバント?でファウル、そのあとはバントせず打って併殺、エルドレッド三振、このあたりでもう暗雲が漂います。

2回も松山凡退のあと堂林ヒット、石原四球、野村送りバント成功で2アウト23塁まで来ましたが菊池が凡退。

3回も丸の2ベース(あわやホームラン)で0アウト2塁、そのあとルイス凡退エルドレッド三振ゲッツー。

もう無理です。勝利の女神様もさすがに見放します。4回のカープの攻撃は三者凡退。もうその次にコントロールの定まらない(癖が読まれているという指摘もあり)野村が失点するのは約束されているようなものです。

小杉投手も立ち直ったのか、5回も6回も三者凡退でした。カープの方は4点とられた野村を5回であきらめ、6回に江草を投入、試合を投げたと思われ予想通り2点とられ0対6。その次の回にDeNAのピッチャーが代わり2点をとりましたが時すでに遅し。

打てる人と打てない人、出塁率がいい人チャンスで打てる人、適材適所で使わないとどうにもなりません。ルイスは調子が上がらずバントさえできない、エルドレッドは超下り坂でバットにさえ当たらないわけですから点は入りません。DeNAとの12戦で問題点はよくわかったはずですが・・・

野村8番安部9番というのは本来なら安部1番菊池2番丸3番にしたいところで、打順を動かすととたんに調子が落ちることを懸念しての苦肉の策だと思うのですが、それなら菊池1番丸2番安部3番の方がはるかにましだったでしょう。

私が以前から指摘している「去年と同じ失敗を繰り返している」こと、このままではせっかく12番が機能していてもすぐに機能しなくなります。また菊池は出塁はできてもチャンスで打てていないので、9番に投手を入れる方がいいような気はします。

去年から言っているように、打てない走れない選手は2人並べて打たさない、1人か2人走れる選手を間に入れるようにしてほしいです。足にはスランプはありません。

以上を考えると、1番菊池2番丸3番赤松4番エルドレッド5番安部6番堂林7番松山8番石原がいいでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。