スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ昨日はよい勝ちでしたが

昨日は広瀬の15打席連続出塁というとてつもない日本記録とカープが勝ったことで素晴らしい日でした。久本も137球という完投するくらいの球を投げて(守備陣は大変だ)5回1失点でカープ初勝利となりましたし。

ヤクルトに2連敗、エルドレッドと前田智徳の死球による骨折、といい話題がなかったのですが、広瀬が絶好調なので何とか点がとれています。投手陣はまえけんと野村が抜けて先発も中継ぎも火の車ですが、その中で頑張ってくれていると思います。

その中でもちろん気になる点はいくつかあります。まず栗原、最近は5番か6番が多いようですが広瀬がつくったチャンスをことごとくつぶしています。最近梵の打撃がよく昨日は梵5番栗原6番でしたが、梵が1犠打1タイムリーで栗原は4回1アウト満塁のチャンスで1塁フライと8回1アウト23塁で見逃し三振・・・

おとといの試合は2回ノーアウト1塁でゲッツー、4回2アウト2塁で1塁ファウルフライ、1アウト満塁でライトフライ(犠牲フライにならず)。その前の試合は2回1アウト2塁で投ゴロ、8回1アウト2塁でタイムリーヒット(これだけ)。

とにかく5番6番はチャンスで打てないとどうにもなりません。得点圏打率.158の栗原よりまだ.240の三振王堂林の方がましでしょう。故障明けの影響なのかメンタルなのかはわかりませんが、現状では栗原は7番か8番で頑張ってもらったほうがいいでしょう。

ちなみに三振王といえば、堂林26個石原26個で堂々の首位です。4位が24個のルイス、7位が21個のエルドレッドと菊池・・・。カープの5人がトップテン入りとはどういうことでしょうか。今年はそういう方針?

まあそういうことで、強く振ることを意識するのはいいのですが、2ストライクからは変えてもいいんじゃないでしょうか。ホームランを打たない三振王というのは恥ずかしいです。ちなみにこの5人のうち得点圏打率が一番高いのは堂林の.240だったりします。何とかしてくれえ。

ルイスがひどいひどいと言いますが、確かに得点圏打率1割弱というのはひどいです。石原の打率.148得点圏.182というのもひどいです。菊池も打率.237得点圏打率.200ですが彼には伸びしろがあります。

丸と広瀬、この2人で救われていますが、その他には及第点すれすれに堂林と梵がいるくらいで、あとの打者は散々です。二軍との入れ替えを頻繁にして調子のよい打者を使うことになるでしょうか。せっかくですから走れる打者を並べてみませんか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。