中継ぎの酷使

プロ野球の結果を見ていて、中日が4-0でDeNAに勝っていました。まさかねと思いながら内容を見ると、また田島が登板していました。去年あれだけ酷使して怪我したのにまた酷使パターンか、と思って今年どのくらい登板しているかどうかチェックしてみました。ちなみに昨日までで中日30試合、カープ28試合、それ以外のセリーグ4球団は29試合消化しています。

田島15試合登板16.3イニング、武藤16試合18イニング、岡田18試合16イニング

なかなかの酷使ぶりです。皆さん半分以上の試合で投げていますので、144試合の半分で72試合に登板する計算になります。また試合数よりイニング数が多い投手はそれ以上の負担がかかっているってことです。

ちなみに去年の記録を見ると、巨人の山口が72試合75イニングが最高になっています。その次がカープ今村の69試合85イニング・・・。ちなみに今村はその前の2011年は先発6試合がありますが、合計54試合で94イニング投げています。中継ぎだけで48試合60イニング程度投げている感じです。2年連続酷使+今年の酷使。

ちなみにその今村はというと、15試合19イニングと、試合数は岡田武藤に続く3位でイニング数はトップです。現時点で去年の登板試合数トップの巨人山口はというと11試合13イニングです。

酷使というと鉄人岩瀬が思い浮かびます。この方の成績を調べますと、ルーキーの1999年に65試合74イニング、2000年に58試合80イニング投げていますが、その次の年から去年までの12年間は最高が61試合と64イニング(別の年)でほとんどが60試合弱60イニング弱になっていました。最後の5年間は50イニング前後。

浅尾は期間限定で結構すごいです。2009年は67試合で113イニング!、2010年は72試合で80イニング、2011年は79試合87イニング・・・。そりゃ2012年に故障するわけです。

ほとんど勝ち試合でしか出てこないクローザーと違っていろんな場面で出番のあるセットアッパーはもう少し負担が大きいと思うのですが、中日は浅尾も田島も壊しました。田島は去年がルーキーイヤーで交流戦の途中に故障離脱だったようですが、今年も壊れそうですね。

しかも今村はWBCで投げましたのでさらに負担は大きいでしょう。今調子が悪いですし、その理由をもう少し考えてほしいですね。このままでは壊れます。もちろん元阪神の藤川とか巨人の山口とか、3年酷使されても壊れない人もいるにはいるんですけどね。

いかん、中日の心配をしたつもりが、カープの方がやばかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは広島というより球界全体の問題ですよね。俺ね、リリーフ投手にはもっと好待遇を!と思ってるんですよ。
そうじゃないと意外と短命な投手が多いのです。浅尾もひょっとしたら危ないでしょ?実労3年では可哀想ですよ。
先発は細く永く出来るけど、リリーフ投手は相当キツイ!だから何十イニング以上で防御率が1点未満なら億単位の高額年俸を与えるべきだと思う。休みながらやれる野手や先発投手より、負担が大きく、低年俸なんて悲惨ですよ。
毎日ブルペンで準備してるんですからね。

No title

年俸については同感ですね。

あと試合数やイニング数についても何か基準があればなと思います。先発投手では中4日で8イニング前後というのは過酷というのは誰もが知っていることで、日本では中5日が基本というように自動的に調整されています。120球を超えると交代も考えてくれます。

しかしリリーフ陣にはそれがありません。これが諸悪の根源だと思います。今まで投げすぎて故障したピッチャーを教訓に、ちゃんとした基準を作るべきです。60試合70イニングというのは一つの目安かなと思います。それを大きく超えたら次の年は減らすべきでしょう。

ちなみにこの基準をどちらかで大きく超えたのは以下の選手です。
2010年平野、岸田、摂津、甲藤、久保(巨)、山口(巨)、久保田、浅尾、松岡(ヤ)
2011年平野、岸田、牧田(西)、久保(巨)、今村、浅尾
2012年平野、中山(オ)、益田、増井、西村、山口(巨)、山井、今村

オリックス平野は丈夫ですね。巨人山口も素晴らしい。反面巨人久保、阪神久保田が故障したのも当然です。この基準を大きく超えて3年続けて投げるのは例外中の例外というのがわかります。

No title

どうしても酷使されがちなリリーフ投手ですからね、今村にも巨人 山口並の待遇は与えるべきでしょうし、これが励みにもなって活躍出来ると思うんですよね。
どんな名監督でも勝とうとするあまり、良いリリーバーを酷使してしまう。
昔は、抑えだったけど、今はセットアッパーというポジションがキツイですよ。
抑え投手は精神的ストレスは凄いと思いますが、出処が大体わかる。
でもセットアッパーは、同点、僅差の負けゲームでも出てくるわけですからね。
誰もが認める過酷なポジションですから、5回持たなかった先発の減俸分を回して上げても良いと思います。
正直云うと投げすぎから打たれるってケースはありますよ。
それで駄目の烙印を押されても大変ですね。

No title

抑えはたいてい最終回限定ですし、今の野球ではセットアッパーが一番しんどいですよね。あとどこかに書いてあったのですが、抑えは劇場型投手でも務まるけど(クルーンなんか典型でしょうか)セットアッパーはそうはいかないとのことです。流れの悪さを抑え投手が引き継がないといけないということでしょうか。

抑えより肩をつくる試合数も多く、登板試合数もイニング数も多い、それでいて抑え以上の結果を求められるという過酷なポジションです。せめて試合数とイニング数の制限、年俸による評価はしてほしいですね。

中日とカープの首脳陣はそういうことがわかっているのか疑問です。

No title

巨人以外全ての球団の問題点でしょうね。ソフトバンクも岩崎と森福がパンクしたそうですからね。
巨人のような豊富な先発完投型の投手が6人も7人もいる(しかも全て他球団ではエースクラス)のようなチーム作りは金が無いと無理でしょう。そんな中でも広島も楽天も良い先発がいるのに、なかなか勝てないのは歯がゆいですよね。
あとは優秀の捕手を作り上げるしかないかもしれません。捕手能力でなんとか勝てる投手もいるようにも思うのですが。

No title

巨人は例外としても、酷使をしないことで故障のリスクも減りますし、チーム防御率もそうは変わらないと思います。防御率3点台の今村の仕事の2割を防御率4点台の投手に分けると、今村の防御率は少し良くなるのではという予想です。

捕手ですか・・・ノムケン監督は石原が好きですし、白浜、磯村、会沢の誰かがブレイクするしかないのでしょうね。一軍で使わないとブレイクもしないでしょう。石原の力が落ちるのが先か、監督が交代するのが先か。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR