スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ予定通りの失速か

巨人戦に3連敗し、東京ドームでの連敗が13になってしまいました。昨日はバリントンが7回1失点とナイスピッチングでしたが、打つ方が1点もとれなければ負けます。チャンスはあったのに・・・。特に9回の0アウト13塁での内野ゴロ、そのあと1アウト満塁から内野ゴロ2つではどうにもなりません。例によって打者の成績を書いてみます。

   打率 出塁率 得点圏打率
廣瀬 .393 .534 .429    ルイス.240 .300 .074 
梵  .308 .418 .400    栗原 .203 .319 .167 
丸  .306 .414 .276    松山 .246 .257 .167 
菊池 .262 .316 .286    安部 .238 .313 .222 
堂林 .220 .270 .219
石原 .208 .299 .174    倉  .357 .526 .000 

広瀬は相変わらず好調を維持していて、梵の調子が上がってきましたが、丸の調子が落ちてきました。4割だった打率も3割を切ろうとしています。菊池は打率は変わらないものの得点圏打率が上がりましたが堂林、栗原、ルイス、その他はさっぱりです。

ルイス、栗原、松山は二軍で調整した方がいいでしょう。得点圏打率.250以下の人はよほど出塁率がよくない限りかなりまずいと思います。堂林もそろそろ危機感を持ってもらうのとバッティングの調整のため二軍でもいいと思います。あと丸は三番になって調子が落ちてきたかもしれないので二番に戻すのがいいでしょう。

キャッチャーは深刻ですね。石原には危機感を持ってもらわないと困るので、そろそろ21歳の磯村を一軍に上げるといいです。一番若い磯村が一軍に上がることで白濱も会澤も発奮するでしょう。もちろん10-20試合くらい辛抱強く使わないといけません。

現状であまり期待が持てない中、5割を目標にしてその場しのぎの打線を組むなら、将来を見越して若い戦力を使った方がカープファンの理解は得られると思います。特にキャッチャーはこの数年深刻な問題が続いていますし、その割には石原と倉に頼りすぎです。いい指導者がいないんですかね。

どうやら栗原が二軍に落ち、ルーキーの上本が上がってくるようです。松山とルイスはどうするんでしょうね。今のままではチャンスでの代打もムリですし、回の頭での代打くらいでしょうか。同じ役割の2人の左打者に28人しかない1軍枠を使うのはもったいないですね。

現状では外野は廣瀬と丸とあと一人(一軍には迎、松山、ルイス、赤松、岩本、中東)ですから代走要員の赤松と中東を除いたらやはり松山とルイスのどちらかは二軍がいいです。内野は小窪、梵、堂林、菊池、安部、上本と外野との共用で松山と岩本ですからもう一人内野手がいてもいいです。鈴木誠也か庄司を見たいですね。

あと一軍枠というと投手枠をもう一人広げるべきですね。今のままでは今村の負担が大きく、いつ故障しても仕方ないレベルの登板数です。近々ソコロビッチが上がるようですからそれでいいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。