スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習場での1Wと3Wとヘッドスピードアップ練習

F1000439.jpg
今日の練習で、エースドライバーであるヤマハインプレスX445D(11度)とプロギアズームf300を試してみました。両方ともNS950DRの43.5インチRになっています。

今日のところはドライバーの方が安定していて、まっすぐ飛んだ時の飛距離もキャリーで5-10Y飛んでいたように見えました。3Wはスライス傾向でしたが、最後の方でボールをやや右足寄りに置いてみたところまっすぐが出ましたので、それだけの問題かもしれません。

しかしながら、構えた時の安心感はやはりドライバーです。もちろん本番ではどちらがいいかわかりませんので、3月のラウンドでは前半ドライバー、後半3Wというふうに試してみようかと思っています。

ところでこのたび倉庫で眠っているダイナライトを2本途中で切ってつないでみて、ヘッドスピードを上げる練習用のクラブを作ってみました。おそらくUP5にヒントを得たと思うのですが、以前ある女子プロがスチールシャフトの両端にグリップを付けて素振りしているという記事がありまして、今回それにヒントを得て作ってみました。適当に作ったので48インチと長くなりました。重量は230gです。

昨日家にあるマスコットバット(1kg以上)を10回、このダイナライト接合クラブを10回素振りして、スピードスティック(636g、48インチ)を振ってヘッドスピードを計ってみました。それも軌道が乱れてはいけないのでかかとを閉じたジャイロスイングでやってみました。

素振り前が92-93mph(約41m/s)と、おやおやジャイロでも結構いけるじゃないの、と思いました。素振り後はなんと98-100mpsまで上がりました。100mpsだと44m/sです。これを毎日地道に練習したらもう少し上がるかもしれません。

でも今日の練習ではラン込みで200-210yくらいと思いましたので、あまり数字はあてになりませんね。本番ではまた違うでしょうし。ただ可能性は感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。