スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日も勝とうと思えば勝てたような・・・

昨日は9回裏久本が打たれてサヨナラ負けという結末で、それだけをとれば仕方ないような気がしますが、いくつかの場面で監督はどう考えたのか聞いてみたいところです。

特に大竹が2点とられて3対3の同点にされた直後の6回表の攻撃、丸四球、エルドレッドはバットの先で何とかショートの頭を越すヒット、ノーアウト12塁で次の打者は5番松山。バントの雰囲気はゼロ。

阪神のスタンリッジから交代した渡辺投手はストライクをとるのに苦労していて、特に変化球は1球もストライクが入っていませんでした。エルさんはスライダーがボールになった次のストレートを狙い撃ちしてヒットしたのでしょう。

で松山。ストレートと変化球がどちらも外れ2ボール0ストライク。次の球はどうみてもストレートでしょう。このあとの外角ストレートを2球とも見送るんですよね。そんなに厳しいコースには見えませんでしたが、内角しか打たないと決めていたのか、一球目はとりあえず見て2球目は変化球が来ると踏んでいたのか。結果外角ボールのストレートをレフトフライ。続く梵も堂林もフライで2者残塁。

どういうことをしたら投手が嫌がるのか、かけらも考えていない。変化球はそのうちストライクになるように修正されるかもしれません。それなら絶対甘めのコースに来るはずのストレートをなぜ狙い打たないのか。もしくは2球ストライクを見送るのなら、明確な意思表示をしてくさい球をファウルで逃げてボールは見送るしかないでしょう(技術的にムリがあるか)。

その次の梵も変化球とストレートが外れて2-0、その次のストレートを打ち上げ。普通ストレート狙いでしょうけど惜しくもなんともないフライですか。その次の堂林のところでやっと変化球がストライクになりました。めちゃくちゃピッチャーを助けましたね。

こんなことをしていると流れが変わるのですが、実際6回裏は先頭の新井兄がヒット、バントのあと四球、1アウト12塁のピンチはしっかり来ましたが、その後大竹の気合のピッチングのせいか凡退してくれて助かりました。

9回の久本の失点は代打高山と代打関本に2者連続四球ですから、点を取ってくださいという感じです。これは負けるべくして負けたということになりますが、久本しか出せる投手がいなかったのですと仕方ないです。

ちなみに今日はさすがに松山は外野のままでした。これが唯一の当たり采配。以前ファーストの守備で1試合3失策という記録を打ち立てたことを私はすっかり忘れていましたが、監督も忘れていたのでしょうか。

松山は初回タイムリー2ベースで2点入ったなどよく打てているのですが、もう少し考えてやればもっと成績が上がるでしょう。若いと言っても27歳、そろそろ中堅の仲間入りです。さて32歳ベテラン梵はあの時どう考えて打席に立ったのでしょうか。

ストレートが来るとわかっても打てないのはやはりまずいでしょう。最速141km/hはそんなにすごいストレートでしたっけ。また絶対ストレートが来る場面を自分で作り出してもよいのですが、そのどちらもできていないのは一軍レベルとは言いがたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。