スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護のあり方

今日の地元新聞に、生活保護減額はけしからんという投稿が載っていました。子育てをしている世帯には厳しいからというのがその理由のようです。主張自体はごもっともだと思います。

生活保護、必要な人に必要なだけ給付することが望ましいのですが、現実にはそうなっていません。また生活保護の給付より低い収入でも頑張って働いて自立している人はたくさんいます。そういう人が生活できて生活保護の人が生活に困るということは不思議と思わないといけないでしょう。

ところで介護保険というものがあります。介護が必要になった高齢者は介護度の認定を受けますが、その度合いによって給付額が変わります。介護者がその人にどのくらいの時間を使うかが根拠となっています。着替えとか入浴のサポートだけで済む人は安くなりますし、食事すら自分で取れない人は高くなります。勝手に出て行くとかいつも大声を上げているような人はさらに上乗せです。

生活保護の区分もある程度そんな感じになっているようですが、何もかも自分でできて、勤労する意欲がない人に対してはもっと減額してもいいと思います。都会に住む必要は全くありませんし、一人暮らしをする必要もありません。住居費を2万円くらいに抑え、食費は2万円で十分、となると10万円でも多すぎるでしょう。

こういう人が子供を作って支給額を上乗せというのはありえないです。生活力のない人が子供を作るというのは無責任ですし、子供もまた生活保護受給者になっていくのは自然の流れです。子供は親の背中を見て育つものですから。

一方従来は仕事をしたり世帯を持って子育てをしていたりという、ちゃんと税金を納めた実績のある人たちが、何らかの理由で職を失うとか病気をしたりとかのケースは全く分けて考えないといけません。そういう人たちがしっかりと子供を育て上げ、ちゃんと社会に貢献することができれば給付金は無駄にはなりません。

そのあたりがきっちりを分けられていないから、冒頭に書いた投稿者のような考えが出てきます。介護保険は今かなり厳しいです。生活保護も厳しさを持って運営しないと勤労意欲を奪い、本当に必要な人を死なせてしまうという負の面ばかり目立ってくると思います。

なるべく現物支給をするとか、領収書を添付してきちんと毎月使い道を申告するとか、そのくらいならすぐできるはずです。少なくともギャンブルに使うということは避けないといけません。

また、年金制度もここに絡んできます。年金を納めなければどうなるでしょうか。年をとって働けなくなったら生活保護をもらえばいいと思っている人は多いかもしれません。どういう対策をするのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私の考えですが

**さん、コメントありがとうございます。

必要な人に必要なだけ給付するというのはかなり難しいですよね。実態を把握することが一番必要になることだと思います。働いて税金を納めた実績がなく、今後も期待できない人には「必要最低限の生活」をしていただくしかないでしょう。

最近話題になった芸人については、私はNGの立場です。明らかに一般人を上回る収入があるのに、実の親が生活保護を受けているのは納得できません。売れていない時代に扶養できないのは仕方ないでしょうし、過去の生活保護の受給額をさかのぼって全て払うべきかというとそこまでは思いませんが、叩かれてから払うでは遅すぎます。

母親の収入も年金もない場合、子供がその状況を知りながら明らかに収入が少なくなる職業に就くという決断というのも私は否定的です。普通の仕事をやればできたはずですから。基本的に子供のうち誰かが親を養うという考えをしないといけないと思います。

それでもハイリスクハイリターンの仕事をすることまでは否定しません。しかしそういう考えが根底にあれば、売れたあとも生活保護をもらいっぱなしという発想になるはずもありません。母と子どちらか片方だけでも、社会に負担をかけているという発想が少しでもあれば起こりえないことです。

wikipediaでは売れ出してから収入が増えたと判断され、勧告により仕送りの増額をして生活保護費が減額されたとありますが、この時点でちゃんとした考えがあれば生活保護はとっくに中止されているはずです。また芸人仲間に不正受給の指南をしたとなっていますが、これも報道が正しいとするならむちゃくちゃです。

いろんな考え方があるとは思いますが、私の考え方はこんな感じです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。