スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中マー君がすごい

楽天の田中将大投手が今年はすごいです。何と16勝0敗!。最近めったに出なくなった20勝が見えてきました。WBCで今年は早めの調整を余儀なくされたにもかかわらず、です。疲れが出ないか心配ではありますが。

今年はここまで19回の登板で150イニングを投げ、完投を6回もしています。イニング数を登板数で割ると1試合あたり平均7.89回投げているというすごい数字が出てきますが、8回とか9回投げるのが普通で、球数が多くなった場合7回程度ということです。これもまた素晴らしい。

実は調べてみるとマー君はこういうケースはどちらかというとまれで、先発投手の評価の一つである200イニングをクリアしたのは過去1回しかありません。これが2011年で、その年は沢村賞を獲得しています。200イニングというのも沢村賞の選考基準のひとつです。

去年はけがで173イニング、おととしがその唯一の226イニング、その前の2010年もけがで155イニングです。やはり今年は大丈夫かなという気持ちになってしまいます。ただ救いは中6日(週1回)という余裕をもった登板をしていることです。この6試合を見ても投球数はほぼ120球以内(1度だけ例外的に136球があった)に抑えています。

楽天の現在のローテーションは田中、ダックワース、辛島、則本、美馬、戸村でやっているようです。開幕当初は釜田と菊池が入っていましたが6人中4人は同じメンバーでやっています。ローテーション6人体制で結果が出れば素晴らしいですね。

このままいけば今年のマー君の今後の登板予定はあと8回になるでしょう。そのうち半分を勝てば20勝到達です。疲れもあるでしょうし結構難しいと思いますが、5年に1度くらいしか出ない20勝投手、ぜひ達成してほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マー君は入団時から大リーグ入りが契約上記されてるらしいです。
だから無理な登板回数は避けてきたと思います。
またチームが弱かったのもありますが、延長十何回を一人で投げ抜いたって事も無いのです。
入団時から先発完投型のみやってこれたのは、良い指導者特に佐藤コーチの影響が大きいでしょうね。
佐藤さんは投手に無理はさせない名コーチです。監督に意見の言える強いコーチですから、マー君は守られましたよね。

No title

なるほどそういう事情もあるのですね。いいコーチに恵まれてよかったです。

来年アメリカ行き暗雲という報道もありますが、ぜひ今年優勝して気持ちよくアメリカに行ってほしいです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。