スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープCSファイナル進出はめでたいが

カープが昨日、終盤の勢いを維持して阪神に2連勝し、クライマックスシリーズファイナル進出を決めました。

別のチームを見ているのかと思うくらいの横綱相撲で、神がかり的な守備もあったりして本当に強いチーム、勢いのあるチームの戦い方でした。しかしこれから巨人と6試合戦い、そのうち4勝するためには不安材料もあったりします。

第一戦、まえけんが先発し7回105球投げました。内容はすごくよかったです。7回裏をまえけんが投げ終えた時点で4-1でリード、8回表は2アウト2塁でまえけんの打席、ここで代打下水流、あえなく凡退。これがいまいちわかりません。

実はまえけんはここまで3打数2安打ですがまえけんをそのまま打たせて次の8回は交代、こういう手もありますが(実際一軍に上がったばかりのルーキーより期待はできる)、それはさすがに望みません。ピッチャーは左の筒井ですから右打者ならその他小窪と迎がいます。廣瀬は7回に代打ですでに起用しています。倉でもいいですが捕手二人体制なのでムリです。私なら小窪を出したいですね。

そして8回から永川、9回ミコライオで無失点に抑えて勝つわけですが、ここも一つポイントがあります。8回永川はいいです。9回は実は表にもう4点とって8-1と大量リードになっています。ミコライオは準備させていたでしょうし、第二、第三試合を見据えてミコライオを投げさせたかったという面もあるのでしょうけども、結果的に今村が二軍から復帰後実戦で投げられていないということになってしまいました。

そして第二戦、バリントンが先発し緊迫した試合展開が続き5回終了時で0-1と負けていました。6回表に4安打で2点とり逆転、7回表にも1点、8回表にも2点追加し6-1とリードしました。バリントンは5回で降板し横山が6回7回を無失点、8回裏は永川が連投し1点を失ったもののまだ6-2と安全圏。

8回裏はこれでよかったのでしょうか。今村を投入して大量点を取られることを恐れてしまったのかもしれませんが、個人的には今後のことをにらんで今村か今井を投げさせたかったです。まあでも安全策としてはまだわかります。

9回表にカープがもう1点とり7-2とリードを広げます。ここでミコライオ登板。えー!。ミコライオは4点以上差が開いているといい結果が出ないというのはわかっているはず。案の定桧山に2ランを浴びて引退試合に花を添える役割、ってこんな役割は他の投手に任せればいいのです。

ちなみに7回表に1点をとって3-1とリードしての2アウト3塁、ここで松山に代えて代打迎、あれ、まさか。得点圏打率.063のあの人です。対左投手の打率も.225。それなら松山の方が期待できるのですがノムケン監督の左右病です。案の定凡退。そっか、監督が流れを悪くしたから今村を出せなかったのか。納得。

先発投手が試合を作り、打者が打って勝ちましたので迷采配も目立ちませんでしたが、かなりお粗末な部分がやはりあるようです。この2試合は打てているのでいいのですが、今後の試合で打てないようだと迷采配が目立つおそれがあります。さあどうなるでしょうか。今の勢いとチーム力なら、采配さえうまくやれば巨人にも勝てるのではないかと思うのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。