スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト会議!大瀬良投手をくじで当てる!

カープのポストシーズンも終わり、ストーブリーグの目玉のドラフト会議が始まりました。何と3球団が競合した大瀬良 大地投手を抽選の結果獲得しました!。素晴らしい。長崎日大高から九州共立大に進学、長崎清峰高出身の今村投手のライバルとのことで、彼の入団で今村の刺激になるといいという記事をどなたかが書かれていました。

カープの補強ポイントはというと、中継ぎから抑えにかけての投手、左投げの投手(先発も中継ぎも複数必要)、捕手、強打のファースト、右打ちの外野手、このあたりだと思います。大瀬良投手は右投げの本格派ですから先発候補になるでしょうけども、まあ右の先発が5人いてもいいですよね。まさかポスト大竹なんて悲しい結末ではないですよね。

2位は九里 亜蓮投手、亜細亜大の右投げの本格派です。アメリカ生まれでお父さんがアメリカ人とのこと。さあこれで右の先発が6人・・・あれ?。まあそううまくはいかないんでしょうね。

3位はJR東日本の田中 広輔選手です。東海大では巨人の菅野のチームメイトで彼とプロで対戦したいとのこと。いいですねえ。3拍子揃った選手でポジションはショート・・・あれ?。いったい何人ショートがいればいいのでしょうか。

今のところ3位までしか発表されていませんが、重要な補強ポイントである左投手とキャッチャーというのはどうなっているんでしょうかね。地元新庄高校の田口投手は2位で指名できたのですが回避し、巨人に3位で指名されました。カープは最近地元出身の高校生は指名しないという法則があるようですが、なぜなんでしょうかね。

キャッチャーは全球団が3位指名までに7人が指名されてしまいました。でもまだまだ逸材がいるようです。あるホームページでは今年はキャッチャーが豊作で11人ほど候補を挙げられていました。そろそろかな?

で、4位は西原 圭大投手。ニチダイという社会人の右投げ投手。5位は中村 祐太投手。関東一高の右投げ投手。あれれれれ。左投手とか捕手とかどうなってんでしょうか。そしてここで指名終了。ガクッ。

さてそうすると背番号はどうなるでしょうか。大瀬良には14番、九里には21番がいいと思います。篠田と斉藤は背番号を大きくして再出発していただきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本ハムもそうですが、地元の子を獲ると戦力外を言い渡すのがツライらしいです。大都市圏のチームならそうでも無いのでしょうけど、北海道とか広島とかそれほどデカく無い地域ですとそんな裏事情もあるようです。
でも、日本ハムは結構戦力外にしてますけど。。。(笑)

No title

なるほど確かにそうですね。大卒ならそこそこ完成しているのでどこかのチームが取ってくれる可能性がありますが、高卒でうまく育たない場合はきついですね。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。