スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAの季節

ドラフト会議も終わり、日本シリーズに関係ないチームにとっては新外国人と移籍についての話題がメインになります。カープはというと新外国人フィリップス(左投げの技巧派投手)獲得というニュースと、FA権行使についてまだ迷っているという石原、栗原、大竹の動向が気になります。

大竹については年齢もまだ30歳と今後まだまだ活躍できますし、2年連続2桁勝利という成績もあって、FAすればどこでも欲しがる選手になりました。今年の年俸1億円のようですからそれを気にしないチームだったら・・・。

石原もある程度の水準をクリアしているキャッチャーで、キャッチャーに弱点のあるチームだったら欲しいでしょう。岐阜出身ですから中日なんてもろ狙っているんじゃないかと思います。もちろん阪神とかも。今年の年俸は8000万円のようですから1億円はもらえるでしょう。

栗原は一番微妙です。怪我は治ってもまだ成績に結びついていない状況で、二軍でも打率.263、ホームラン2本(試合数は74試合なので一軍フル出場の半分)です。そして今年の年俸1億4千万円・・・。これから打撃を立て直すことが前提となりますから、いい条件でFAというのはムリです。

私としては大竹には残ってほしいです。石原は残留なら単年契約で年俸現状維持程度と私はあまり評価していないので、本人の希望でFAなら仕方ないです。栗原はどうも本人が弱気なようで、キラさんエルさんとの競争に勝てないから使ってもらえないのではと考えているようです。エルさんが残留したら絶望してFAしてしまうかもしれません。

しかしながら栗原もまだ31歳(年明けに32歳)、まだまだやれるはずです。カープでレギュラーを取れないようでは他のチームでも厳しいはず(1塁しかできないのでは)。環境を変えることで彼にとっていい方向に向かうのであればそれもいいですが、できればカープで活躍してほしいです。

今年のキラの成績は打率.259、ホームラン14本、出塁率.362、長打率.478、得点圏打率.265です。ホームランは試合数が少ないので144試合に換算すると30.5本の計算です。栗原に求められるのはホームラン20本、打率.280、得点圏打率.280です。今までの成績を見る限り決してできない数字ではないと思います。

さあ、どうなりますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。