スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大竹は巨人入り濃厚のようで

カープの大竹投手はどうやら巨人入り濃厚のようです。残念。

何が残念かというと、カープから10勝投手、なおかつ大竹というキャラクターが抜けるということも当然残念なのですが、果たしてこのFA移籍で誰が得をするのかと考えてみるとどうなのかなという部分が多いからです。

大竹本人と家族のことで言うと、関東に帰りたいという気持ちは強いのかもしれません。ソフトバンクが4年10億円というものすごい条件を出してきましたが、巨人を選べば「金で動いた」というイメージも付きません。まあこのあたりはいずれ本人の口からある程度は語られることでしょうけども。

投手というのは野手よりやや選手寿命が短い傾向にありますし、ちょっと結果が悪かったからといって毎年のように先発ローテーション争いのライバルを補強されるようなチームですと、今後数年にわたって先発で投げられるかどうかも難しいと思います。来年5月に31歳になる大竹にとってはあと4年先発をやれれば大成功でしょうか。ちなみに今年規定投球回数を投げた投手の中で35歳以上は三浦大輔(40歳)ただ一人です。

またYahooニュースのコメント欄を見る限りですが、巨人ファンでさえ大竹の加入を歓迎していないという空気もあります。10勝しているけど10敗しているとか、もっと若手に機会を与えるべきとか、それなのにFA補償で一人カープに取られるとか。明らかにファン不在の補強ですね。

ちなみに阪神もなかなかです。K国のクローザー呉昇桓と2年7億円で合意したとの報道があります。1年目出来高含み2-3億+2年目契約オプションとかならわかりますが、外れだったらどうするんでしょうかね。それに他の選手はどう思うのでしょうか。こちらは大竹以上のファン不在の補強だと思いましたが、Yahooコメントと違って意外にもあるブログでは好意的。妥当な値段という書き込みも。うーむわからんもんです。

<追記>昨日11/23にファン感謝デイがありまして、行かないと表明していた大竹は途中から参加し、特にファンに向けてのコメントもなかったようです。今までの発言云々はマスメディア経由ですので正確な意図はわかりませんが、こういう客観的な事実は重要です。

新井が移籍した時は結構その客観的事実としては弱いことで結構叩かれましたが(ある本では球団が出たいなら出なさいという姿勢であったことを示唆していました)、今回はそれ以上のような気がします。

ネットニュースでは週明け(つまり明日25日か?)に大竹巨人入りの報道があるだろうとされていました。微妙に日にちが合わなかったのもよくなかったですが、もう少しやり方がなかったかなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。