スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災と与党の対応

この未曽有の大震災に対して、民主党は他党との連携どころか挙党体制すら組むことなく、反小沢勢力のみで対応しているようです。今になって自民党の谷垣総裁に入閣要請をしたようですが、時すでに遅し、です。断られましたが、これはおそらく協力すらしないということではないと思います。

今はあまり報道されませんが、震災が落ち着けばたくさん民主党の対応のまずさは報道されるでしょう。原発事故に際して他国の協力を断ったこと、そのせいで原発の廃炉決定が遅れてどんどん事態が悪化したこと(結果論では済まされません)、放射線の影響の説明が相当まずいこと、自衛隊や在日米軍の初動を遅らせたこと、などなどいくらでもあります。

まあこのあたりは実力のなさで語ってもいいことですが、それに上乗せして官房副長官に「自衛隊は暴力装置」の仙石さんを起用したこと(自衛隊とは大いに関わることでしょうね)、このあたりは理解不能です。官房長官として不適格の烙印を押された人をこの大事な時に副長官といえども起用するのですから。

親小沢勢力には協力を要請したのでしょうか。いずれにしても本当に人材がいないのだと思います。

あと話のレベルがかなり落ちますが、レンホー節電大臣は東京ドームのナイター開催については仕分けしないのでしょうか。

「この震災の対応にある程度めどがつけば解散総選挙する」と言えばかっこいいのですけども。国民の支持が得られていない状況でこんなにまずい対応をして、選挙で勝とうとでも思っているのでしょうか。本当に不思議な党です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。