スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発の事故処理にめど?

福島の原発事故で多量の放射線を出してしまいましたが、どうやら一段落ついて、今後は恐ろしい事故が起こる可能性は低くなったようです。政府の発表は全く信用していませんので、ベストゴルフに載っていた情報である中部大学の武田邦彦先生のホームページを参考にしています。

今回の震災と原発事故に際し、枝野官房長官はよくやったと一人だけ株を上げたようになっていますが、だからといって彼を含めて民主党の対応がよかったとは全く思いません。枝野さんは決められたことを発表することで休息を十分にとれずに仕事をしていたに過ぎず、これは確かに官房長官の仕事の一つではありますが、ひょっとしたらアナウンサーの方が上手にできる類の仕事だったかもしれません。官房副長官は何人もいますし、彼らにやってもらってもよかったのです。

もう一つの大きな役割である、党内外との調整はどうだったでしょうか。記者会見は誰でもできるので、こちらの方を頑張っていただきたかったものです。

そして菅総理の失態の数々(自衛隊要請の遅れ、アメリカ支援の拒否、党を超えた連携どころか派閥争いを継続、対応を遅らせた1回目の現地視察、廃炉決定の判断ミスもしくは東電に丸投げ、悪天候で2回目の視察取り止め、など)、海江田大臣の恫喝問題、全く機能しない蓮舫大臣、迷人事の象徴である仙石官房副長官、などなど、あまりにもお粗末な対応でした。あまりマスコミは報道しないようですが(民主党寄りですものね)。

元カイワレ大臣はパフォーマンスがお好きなはずですし、原子力には詳しいと自認されているようですので、一番放射能汚染が厳しい時期に自ら現地に乗り込んで激励するくらいのパフォーマンスを見せてもよかったと思うのですが(ぎりぎり健康被害が出ないように調整すればいいだけです)・・・

こんなのが日本のトップだと思うと非常に情けないです。実行力も決断力も男気も何もない。

もし今回の件で民主党の支持率が上昇するとしたら、日本国民というのは簡単に過去の悪いことを忘れてしまうということなのでしょう。報道にだまされませんように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。