スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近未来のカープ

去年のドラフトは大瀬良、久里、田中、西原、中村と獲得しましたが、高校生の中村はおいといてその他の選手、全員開幕一軍です。これってかなりすごいはず。

おととしのドラフトは高橋、鈴木誠也、上本、下水流、美間ですが、残念ながら開幕一軍はゼロ、しかし将来的に楽しみな選手が揃っています。

その前の2011年は野村、菊池、戸田、土生です。野村と菊池については言うまでもありません。戸田は久本に鍛えられて今年は出てくるんじゃないかなと思っています。土生は厳しいかな。この3年の新戦力だけで1チーム作っても結構面白いメンバーだったりします。

今年はまえけんの最終年となる可能性が高く、何としてでも優勝を狙わないといけませんが、来年以降はぜひとも新たなチーム作りをしてほしいなと思います。もちろん監督も替えて(爆)。具体的には今の外国人頼みの大味な野球から小技を重視した機動力野球に。

現状では長打力があっても確実性の落ちる日本人選手ってのは出てきにくいです。松山、岩本、堂林。彼らをシーズン通してフルに使うことでブレイクする可能性は大いにあるはずです。でも実際は左投手の時は左打者は先発を外されたり、あまり結果のよくない守備位置で使ったり・・・

レフトエルドレッドは相当もったいないです。おまけにノムケン監督はキラエルと打順を並べるので1・2番がチャンスを作っても一発当たらないと点が入りません。今年はホームラン中心に点をとっているので、いずれ点がとれなくなると思っています。

来年以降外国人はファーストだけにして、現有戦力を底上げする、結果は度外視というやり方でやってもいいと思います。もちろん今の監督コーチ体勢では・・・(しつこい)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。