スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱打戦の行方

今日の巨人戦は5-11で負けました。昨日勝ってますし私としては1勝2敗でもいいので今日は捨てゲームでもいいのですが、やはり試合を見ていると言いたいことがたくさん出てきます。

九里の調子はあまりよくなかったのでしょうか、ヒットをたくさん打たれて、またエラーとかエラーくさいヒットとかでアウトにできなかったのが得点に結びつくとかありましたし、5回表裏終了時の1-5まではまあいいとします。いやいいと言いながらちょっと書きます。

初回1アウト1塁で長野のレフトフライが2ベースに。ロサリオがグラブに当てたものの捕球できなかったようですが、ロサリオの守備はやばいというのは了承澄み。ひょっとして120kgのエルドレッドの方がましかも・・・。これを繰り返すようならスタメン落ちでしょうね。ちなみにその1アウト23塁から内野ゴロで1点。

2回は2アウト2塁から大竹が左中間への2ベース。大竹って広島時代全く打っていないイメージです。打てないピッチャー特有の袈裟切りのように振り下ろし、右方向に打つのが精一杯の人です。これじゃいけません。

5回は堂林の悪送球でノーアウト2塁、送りバントと内野ゴロで2アウト3塁、そしてセカンド強襲ヒットで1点。やはりエラーが点につながるという悪い見本です。

まあいいとしますと書きながら全然よくないですね。これはカープの負けパターンの一つです。

そして6回表、2アウト23塁から坂本が高めの打ちごろの球をレフトに2ベースで2点追加し1-7と大量ビハインド。終わった、と思いました。5回裏の九里の打席に代打を送らないということから、今日は半分捨てゲームということなんだなとは思っていましたので落胆もなし。

しかししかし6回裏のカープの攻撃、菊池・丸・エルドレッド・松山・ロサリオが連続ヒットで3点とって4-7と一打同点の場面、ピッチャー大竹から西村に交代です。ノーアウト12塁、バッター梵。絶対バント、って思ったら打たせて空振り三振。これでかなり暗雲漂います。

石原への代打田中、これはいいです。田中はフォアボールで1アウト満塁。次の九里の打席で代打廣瀬。まあここまでは悪くないといえば悪くないです。その廣瀬は初球ストレートを打って内野ゴロゲッツー。まあ勝負をかけて失敗したのだから仕方ないといえばそうかもしれません。しかしショボい。

こういうのを見ると、負けるべくして負けるというのがよくわかります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。