スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ2試合連続の2桁失点と今後の対策

6/6に3対10、6/7に5対16、いずれもソフトバンク打線にやられてしまいました。カープの得点にしても勝負のついた8回9回にそれぞれ1点、4点入っていますから、とっくに勝負がついた状態である7回までに入った得点は2試合で3点です。

この2試合だけで見ても仕方ないとはわかりつつも、共通点があります。

(1)4番エル、6番キラがいいところで打てていない
(2)キャッチャーはいずれも会澤
(3)ビッグイニングのきっかけは味方のエラー

いいかげん大味野球の賞味期限が切れてきたことをノムケン監督は自覚しないといけません。特にキラは打率に惑わされて、ここ一番という場面での打率が低いことに目を向けないといけません。広瀬を「自分のバッティングができていない」ことで二軍に落としたのはいいとしても、キラはどうでしょう。もちろんエルドレッドも何かありそうですし。

キャッチャー会澤については試合を見ていませんし(見ることはできましたが大瀬良が打たれ続けるのは見ていられなかった)、リードについてはわかりません。九里については球が高かったと地元新聞にありましたし、大瀬良も「内角への球が少なく、外の厳しめの球も踏み込んで打たれた」とコメントしています。本来このコメントは会澤がするべきでしょうけど。

菊池のエラーで1アウト13塁になってからの配球を見てみますと、
4番イデホ: 2球目ど真ん中ストレート(ファウル)以外は全部アウトロー、カットボールをヒット
5番長谷川: 外角に3球続けてボールで3-0、結局四球
6番松田: 2球目が真ん中ストレート(空振り)、4球目が真ん中高めボールのストレート(空振り)、その他全部外角、真ん中外寄りストレートをヒット
7番本多: 1球目外角高めスライダー見送り、2球目外角低めボールになるチェンジアップをヒット
8番今宮: 4球で四球
9番鶴岡: 全て外角の球で1球カットボールを投げた以外はスライダー、空振り三振
1番中村: 1球目は外角に外れる低めのストレート、2球目は真ん中外寄りストレートを2塁打
2番明石: 外角へのストレート、スライダー(これは真ん中から落ちてボールになる球)、カットボールで3球三振

いやあこれはすごい。石原をさらに劣化させたようなリードかもしれません。

エラーから点をとられるというのは確かにその通りなのですが、以前から指摘しているメンタル由来のものです。まあキャッチャーがこんな有様ではエラーした選手を責めても仕方ないでしょう。おとといの梵はともかく、昨日の菊池は特に。

さて昨日の公示で、広瀬を二軍に落として迎を上げました。迎は去年とかおととしもそうでしたが、二軍では3割ちょっと打つようですが一軍ではさっぱりという選手です。今回は天谷を上げるのかと思っていましたが迎でした。おそらく交流戦が終わったころには3位くらいに落ちていると思うので、今後を見据えた選手起用をしていただきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。