今日の練習

どんなにひどい球が出るか、半分期待?しながら練習してきました。

マックテックNVGの8番アイアンで始めましたが、一発目はど真ん中に当たってしまい、はて何が悪いのかさっぱりわからなくなってしまいました。数発打つと打点がだんだんヒール寄りになってきました。ちょっとスタンスを広げ、ハンドファーストに、とやるときちんと?シャンクが出ました。

鉛を5g貼ってみると、いい感じの重量感にはなりましたが、さほど結果は変わりません。ちなみに飛距離は何と100ヤード(実測)。がっくりです。

次にドライバーを試してみました。今日はインプレスX445Dはかなりよかったです。ヘッドスピードはしっかりを意識して振ると39前後、うまく行けば40が出ました。飛距離は計測上で190y前後。しっかり振っても方向性は問題なし。いつもこのくらいだといいのに。

今回はもう一本、ビゲストビッグバーサ+グラファイトデザインGーtechの43.5インチを作ってみました。鉛は12gでバランスD2くらい。こいつは全くだめでした。ヘッドスピードは1くらい増えますが、全く当たりませんし飛距離もインプレスと同じかそれ以下です。シャフトが合わなかったかもしれませんので、後日別のシャフトで再挑戦です。

ちなみに7W(NS950FWの41インチ)でヘッドスピードが36くらいで、測定上の飛距離が165-170yでした。うーむドライバーとあまり変わりません。42.5インチのスプーンだとさらに15y-20yくらいプラスになるでしょうから、今のドライバーはそれと同等の働きしかしていないことになります。

その後はアイアンを打ちました。試しにオリジナルコンボアイアンの8番とPWも持って行って打ちましたが、打感よし結果も同等と、いい感じでした。PWはヘッドが小さめでちょっと不安ですが、そのくらいのものです。

最終的にNVGアイアンの飛距離は8番が120y弱、7番が130y弱という感じで、ストロングロフトなのでもう10yくらい欲しいところですが、最初の8番100yと比べるとましになりました。6番は地面からは全く使えないということもわかりました。当たればもう10y近く飛びますが、当たらないものは使えません。素直に25度のUTで145-150yがいいです。

なお、シャンク系の球はドライバーを打った後では出なくなりました。ただドライバーもやはりヒールヒット傾向なので、今後何とかしないといけません。

また、短く持つのもやってみました。飛距離はだいたい10y減くらいですが、特に違和感なく打てましたし、高弾道になりましたので真ん中付近に当たっていたようです。

次回からはなるべくアイアンを打とうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

基礎の基礎のおはなしを致します。酔龍さんはたぶん、ボールと自分の体との距離が非常に近いタイプの人です。
たぶんですが、打ってる間、さらにボールに近づき、ヒールに当たるタイプです。
一度、練習場にボールと自分の体との距離を測定した目印、紐でも棒でも何でも良いのですが、一定にしてみて打ってみてください。しかし、クラブが長くなるほど、この間合は広くなりますよね?ドライバーとSWではシャフト長が違うからわかりますよね?だから、しばらくは6Iでも8Iでも同じアイアンのみの練習をするべきです。
ボールとの間合いが狭くなるとヒールが浮きますよね。ヒールが浮いたらシャンク出ますね。
酔龍さんのスイング的欠陥は、猫背でボールとの間合いが極端に無いタイプです。つまりクラブの抜ける場所がない。
素振りではいくら良いスイングをしても、それはボールがないから出来るのです。ボールがあると打たないといけない。
するとクラブのインパクト後の抜け道がないので、変なスイングと化します。
推測ですが、SWも7Iもそれほど体とボールの距離は変わってないタイプだと思います。普通は、クラブが長くなればボールとの間合いは広くなります。
各番手でのアドレスとボールの位置、体とボールの距離感というか間合いをもう一度確認すべきですね。では。

ボールとの間隔

ボールとの間隔は以前ryuさんにも指摘されたので、その通りだと思います。
今は治っているか自信がないので、多分そのままでしょう。
それに加えてバックスイングで頭がボールに近寄っていっているのでしょう。

行きつけの練習場では、ティアップして打つ場合、ボールを置く部分のマットとスタンス部分のマットの
境目がちょうどいい目安になるので、もう一度確認してみます。自分ではSWより7番アイアンの方が離れて
構えているとは思うのですが、確かではありませんし、全番手で近すぎるという可能性は大です。

近いうちに練習場でボールを打っている場面の動画をアップします。人が少ない時をねらって撮ろうと思うと
なかなかうまくいきません。夜だとうまくとれませんし。日曜日の朝に頑張って行きたいと思います。

アイアンだけ打つというのはいい方法だと思うのですが、実は飛距離ダウンはアイアンの練習量を増やした
せいではなかろうかと疑っているところです。上手に練習すればそんなことはないのでしょうけども・・・
振り幅は小さく、しっかりパワーをかけて、と心がけているつもりなのですがうまくいきません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>それに加えてバックスイングで頭がボールに近寄っていっているのでしょう。

この動き自体には問題無いように思います。たぶんトップで左足体重だからでしょう。右に体重移動出来てない。
しかし、最近流行りの左1軸スイングは、この動きが良しとされてますから、酔龍さんには合ってるかも?

>アイアンだけ打つというのはいい方法だと思うのですが、実は飛距離ダウンはアイアンの練習量を増やした
せいではなかろうかと疑っているところです。

これは全く関係無いです。それほど練習してないでしょ?ラウンド前に1000球もアイアン打ち込んでませんよね?
むしろ飛ばないのは体重移動が出来てない、狭いスタンス幅でも右へ移動して左へ移すって事が出来てないのでしょう。右へ移動したら頭は絶対に下がりません。左足体重のままトップに持って行くと頭は下がるはずです。やってみたらすぐわかりますよ。では。


No title

頭がボールに近づくのは現時点では気にしないことにします。迷いが消えそうです。ありがとうございます。

左足体重に関しては、確かにドライバーの場合でもアイアンと同じような構えになっていて、自分では気づかないまま右足に体重が乗り切れていない可能性は大きいと思います。

飛ばなくなった原因を探ろうと、過去の記録を見てみましたが、2009年の途中あたりはDGR200のドライバーで200y、カーボン45インチでは220y、フォローではもう少し飛んでいたこともあったようです。

それ以降、方向性を求めすぎて100yスイングに毛の生えたようなものになってしまい、だんだん振っても飛ばなくなってきたようです。アイアンの練習は全体の70%以上はしていたのですが、しっかり体を使って振るのがうまくできていませんでした。

前回の練習でも途中でドライバーをフルパワーに近い感じで振ったために、最初100yしかとばなかった8番アイアンが最終的に115ー120yになったのではと思っていました。違うかもしれませんが、アイアンだけの練習で飛距離を維持する自信がありません。

もちろんアイアン練習を中心に据えないといけないとは思います。その方向で頑張ります。アイアンだけの練習もやってみます。

No title

アイアンの練習が大事って言ったのは、間合いの取り方ですよね。間合いが一本のアイアンできっちり取れるようにするとあとのクラブも間合いが取れるって事です。正直、酔龍さんの体格、年齢を考えても飛ばなすぎです。
家の家内よりも飛ばないのはおかしなお話ですもの。ボディーターンでは飛ばないです。もっと腕を振るしかないのです。
では。

No title

飛ばなさ過ぎというのはそうですよね。明らかにアベレージゴルファーの同年齢くらいで比較してもかなり飛ばない部類でしょう。

大きい筋肉をうまく使えていないということだと思いますが、それにしてもここまで落ちるものかなと不思議に思っています。通常時で7番アイアンのストロングでないやつで140y、飛ぶときは150yくらいでしたから。今回のラウンドでは同条件ですと120yくらいでしょう。

続きは次の記事でお知らせします。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR