スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の練習

今日の練習はアイアンの飛距離回復メインで、その他地面から170-180y打てるクラブ選びも少しだけやりました。7割程度アイアンを打ちました。

アイアンはオリジナルコンボでほとんど打ちました。ショットマーカーはオリジナルコンボの8番にしか貼らなかったですし、ヘッドスピードを上げるあまり振り過ぎて一時スイングが崩れたりして、いろんなところに当たり過ぎましたので参考になりません。シャンクがゼロだったのはよかったですが。

で、途中で動画を撮ってみました。人が多く三脚を持ち込める状況ではなく、胸から上が切れていましたが、グリップが体に近いのを指摘いただいていたのを思い出しました。間違いなく近く、以前の動画と変わりなしです。

そこでグリップをとにかく体から離そうと試しました。違和感がありましたが5cmくらい離れることができたでしょうか。すると背中に張りを感じるようになりましたので、少しよくなったはず?です。

で、結局肝心の飛距離はと言うと、8番アイアンで120y弱が最終でした。前回の練習よりは1番手伸びたでしょうか。マックテックNVGの9番が同じロフトでシャフトは0.5インチ短いのですが、ほぼ同じ飛距離で、ばらつきは明らかにマックテックの方が少なかったです。バランスは結構軽いはずです。おそらくオリジナルコンボがD2、マックテックがC8-9です。シャフトも1050と950で違いますし。

ここはオリジナルコンボに白旗を上げて、マックテックNVGにNS1050を入れるか、950WFを入れるか、元のNS950のままで鉛を貼るか1番手ずらすか、もしくはすでにリシャフトしているドームキャビティでまず試すか、いろいろ考えられます。

あと170-180yのクラブというのが、今使っているインプレスi.F.Fの7Wが160-170yで、高弾道ですからもう少し打ち出しを低くして、上に上がる力を少し前に進む力に変えるクラブというのはどうだろうかということです。できればインプレスと同じ41インチあたりで組むと当たりそうです。要するに17-20度のUTということです。

家の倉庫に眠っていたマックテック初代の20度とパワーマジックの19度の両方にNS950FWを入れて打ってみました。マックテックはシャフトの都合上0.5インチ程度長くなり過ぎて、バランスD8になりましたが、これがぴったり170-180yという感じでいいです。次回17度もテストしてみます。パワーマジックは一時期大ヒットしたやつですが、打感が非常に落ち着いていて物足りなかったです。

最後の1球でドライバーを打ってみました。ヘッドスピード42、飛距離204ヤードが出ました。当たりはよくなかったのでもう少し伸びる可能性があります。しかし本番ではこれだけ振れるだろうかというもので、まだまだ課題は多いです。ただ最近は練習でもここまで振り切ることはできていなかったので、第一段階クリアです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。良い感じになってきたかも?
ただグリップのところでちょっと一言
手を前に出す方法とおしり(腰)を後ろに引く方法もございます。
最近、練習場で発見した新種のヘタッピですが、腰を下ろしなさいといわれると、まるで子供が大人の便器に向かって腰を前に突き出しながら膝を曲げるタイプを発見!普通、腰を下ろせというと膝を曲げて腰を後方に突き出すのか?と思ってましたが、新種もいるんだなーと発見した次第です。
とにかく、ボディーターンという高等技術を習得しようとはせず、手を振って下さい。リストターンをして下さい。ゆっくりスイングならリストターンは、有効ですよ。他の人とは教えが違うと思いますが、まずは手を振るリストを返す、体は軸でしかない。リストターンでボールが左へと曲がるようなら体も回そうかな?って感じで充分です。そうはいっても体って回ってるものです。ボディーターンを意識しすぎて回しすぎの人が世の中多すぎです。では。

No title

良い感じであればいいのですが・・・これからこれで頑張ってみます。

リストターンは非常に重要だと私も思います。しろうとさんのブログにもあったと思いますが、年をとっても飛距離が落ちないためには確かにリストターン重視しか選択肢がないと思います。

良い練習法

これを機に本格的にシャンクを直したいのなら、次の練習がより効果的でしょう。
やるかやらないか貴方次第。
ショットマーカーシールをボールの大きさにカットする。
それを従来、自分のアドレスで一番しっくり来るところのマット位置に貼る
そのシールの位置よりヘッド一個分遠目にヘッドをずらします。
接地したヘッドを縦に遠くへずらすだけで良いです。その位置にボールを置く。
その位置関係をまず一本のアイアン(8I)で練習する日に必ず打つ。
従来より遠目にボールがありますから、従来よりイントウインのイメージでクラブを振るのです。
そして、ボールには玉ねぎのように根っこが生えてるんだ!というイメージをもたれて、リストターンで根をカットするイメージで振ってください。決してヘッドでボールを押すイメージではなく根を刈るのです。
リストターンがしやすいのは「ゆるゆるグリップ」です。
まあこれをやってショットとは何か?がわかるまではやって欲しいですね。
今の段階で160Y~170Y打つクラブの選別など不要かと。
いつも思いますが、基礎が無くて応用から始まるので酔龍さんの場合、戻る基準がないのです。
良いショットを得るにはまず一本のアイアンで固めます。みんな通ってきた道なのです。では。

No title

おはようございます。

170y前後のクラブは今の私にとっては生命線のクラブなので、どうしてもこだわってしまいます。
今は練習に精を出す時期なのでしょうけども、なかなかそれだけではモチベーションが維持できないもので・・・

ともかく一つ修正できるポイントがわかったので、出来る限りアイアンの練習を増やしてみます。
詳しいアドバイス、ありがとうございます。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。