スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ優勝が絶望的となった今後は

ベイスターズとの3連戦、初戦の昨日は大瀬良が打ち込まれて8点取られて負けましたが、今日は相手のミスに助けられ3-1で勝ちました。カープのダメなときはそういう負け方をするなという感じで、反面教師にしないといけません。打線はやはりエルドレッドのところで流れが途切れます。ノーコンピッチャーの時しか通用しないと思うのですが。

今日は巨人も阪神も勝ちました。巨人は優勝をほぼ確定させ、阪神は0.5ゲーム差で2位カープに迫っています。今日負けていたら3位転落になるところでした。

まさかですが、今後優勝を狙って中4日とかでスクランブル体制を敷くことがあるのかもしれませんが、私は大反対です。リリーフ陣が磐石でないのに、先発投手に負担がかかるシステムはNGです。中6日を継続し、実績のない投手を先発に組み込んでもいいので、それで勝てたらラッキーというような雰囲気でやるといいです。

つい最近のような息苦しい雰囲気では、ただでさえプレッシャーに弱いカープの選手たちは持てる力を発揮できなくなりますので。大瀬良だって本来は中6日であれば今日登板していたはずですし、勝負勘のないノムケン監督が動くと負けるという法則が発動中です。お願いだから動かないで。

勝負のかかった9連戦は中日に2勝1敗、ここまではよかったのですが阪神に1勝2敗、巨人に1勝2敗で優勝戦線から離脱してしまいました。最低でも6勝3敗が必要だったこの9連戦、先発投手はまえけん(中5日)、野村(中7日)、ヒース(中5日)、福井(中7日)、大瀬良(中6日)、九里(中6日)、まえけん(中5日)、野村(中5日)、ヒース(中5日)とまあまあいい感じで回していましたが、できるだけ中6日で回して7回まで投げてもらうようにしないといけません。

この9連戦で負けた試合5試合を見ると、先発投手が早い回で降板してリリーフが打たれた試合3試合、先発投手が試合を作れなかった試合2試合でした。昨日の負けも含めて石原にも責任の一端があると判断したのか今日のスタメンマスクは倉でしたが、福井が6回1失点とやや危なっかしいものの結果を出しました。7回は投げさせていたら打たれたと思いますので代打を出した判断は妥当、おまけにその代打ロサリオがタイムリーヒットですからノムケン監督の作戦的中でした。

今に始まったことではありませんが、カープの先発陣は球数が多すぎて、6回まで投げると100球をオーバーして交代時期になるということが多いです。丁寧にコーナーを突くリードもいいのですが、早い時期に交代になるリスクも考え合わせるとあまりいい作戦ではありません。球の威力がある投手でピンチではない場面では大胆なリードをして3球勝負とか、球数を抑える工夫が必要です。

カープは現実的には2位狙いしかありません。CSをマツダスタジアムで開催すると去年にはない盛り上がりがあると思います。また3位に沈んだら意気消沈です。CSに余力を残した上で2位を確保する作戦を立ててほしいものです。

23日からの9連戦(追記:8連戦と書きましたが間違い)、果たしてどういう作戦で行くのでしょうか。この間の二の舞にはなりませんように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。