スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールから離れて立つ

最近取り組んでいる「ボールから離れて立つ」を重視して練習しました。今回は8番アイアン(オリジナルコンボ)メインでこれを100球くらい打ったと思います。ちなみにちょうどボール1個分くらい離れて立つようになりました。

最初の40球くらいでショットマーカーを確認しましたが、一発くらい真ん中よりヒール寄りがあっただけで、フェース中央からトウ寄りに打点が集まりました。こんなことは初めてだと思います。

その次にドライバーを10球ほど打ちました。これもほとんど真ん中からトウ寄りで、球筋はやや右に出て軽いスライスでした。引っ掛けはほとんどなし。ヘッドスピードはだいたい39前後で飛距離は190y前後といったところです。

もう一度8番アイアンに戻り、20球くらい打った後で今回のテストクラブであるマックテックNVGユーティリティの17度+NS950DRの41.5インチ(先端カットしてあるのでおそらくNS950FWの43インチ相当)を10球くらい打ちました。これはシャフトが絶妙だったせいもあり、打っていてすごく気持ちがよかったです。ちょっとキンキンした音だけがやや不満ですが打感は素晴らしかったです。ヘッドスピードが36-37くらいで飛距離は180y越えが結構出ました。マックス185yくらいで、ドライバーとほとんど変わりません。

そのあとはいつも練習の最後にやる1W→UT(いつもは7W)→1W→UT(いつもは7W)→3打目クラブ、というように、380yPAR3と500yPAR5の繰り返しの想定で打ってみました。UTの気持ちよさに比べるとドライバーがいまいち気持ちよくありません。

最後の方で、ドライバーとUTにショットマーカーを貼りなおして5球ずつ打ってみました。するとドライバーは真ん中からヒールにかけてチョロ寸前のトップの跡が付き、UTはちょっと打点がヒール寄りになりました。構えが雑になってしまったのか(気をつけていたつもりでしたが)、スイングが変わってしまったのでしょう。

すごく当たっていた17UTも最後の方は当たりが悪くなり175yくらいにダウンしました。ちなみに余っていたシャフトを今までのマックテックNV-UT20度に入れましたが、先端カットが多すぎたようで振っていて違和感がありうまく打てませんでした。

飛距離の方ですが、ドライバーは175-195y、17UTが175-185y、7Wが165-170y、5番UT(ミズノJPX-UT25度+NS950WF39インチ)が160-165y、オリジナルコンボ8番アイアンが115y前後、ドームキャビティ7I(NS950WF)が137y前後、という具合でした。17UTが戦力になればすごくよさそうです。7Wとほとんど同じシャフトの長さですが、低弾道で距離が出ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。