スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOIって難しくはありません

MOIって頭が悪いから理解できないというコメントがありましたが、これは頭が悪いからではなくて、難しく考えすぎなのか理解することをあきらめたのかどちらかだと思います。

長さの割に重いとか軽いとか、それを表すのがMOIの数字です。自分の基準となるクラブと比較して値が大きすぎたら長さの割に重過ぎるから振りにくい、値が小さすぎたら軽すぎて逆に振りにくい、それだけの話です。それをせめてアイアンの中では統一(打ち方のスタイルによっては微妙にフロー)させようという方法論がMOIマッチングです。

MOI=慣性モーメント、という感じで考えるとなにやら小難しいですし、数式が絡むと私も理解不能だと思います。しかしそんなものは知らなくても大丈夫です。せいぜい長さもヘッド重量も増えれば増えるほどMOIは大きくなるというくらい。

そして鉛1g分はMOIにしてだいたい10に相当(ウッドではもう少し)、鉛を5g貼ったらかなり振り心地が変わるのは皆さん経験されていることでしょう。MOIの50の違いは大違いということです。

クラブの長さと重量のフロー、そしてバランス(スイングウエイト)、そういう従来のやり方で合う人はそれでやればいいのですが、同じものを角度を変えて見るとこんなに簡単になるってことです。

スチールシャフトのドライバー、40インチで作って打ったことがありますがすさまじく軽かったです。あれを体験したらスチールシャフトのドライバーは重くて打てないという先入観が吹き飛んでしまうと思います。大昔のパーシモンのドライバー、あれだってもっとシャフトを短くすればよかったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のブログだと版汚しになるので、こちらに書きます。
KUROさんのMOI値なら私も信じますよ。
でも私にそれの必要性を感じないモノはどうしようもありません。
ロングアイアンが巧く打てるようになるらしい!とまたまた誰かのお話をされてますけど、私自身ロングアイアンはいまや入れてませんし、ますますMOI値が云々っていう事が理解出来なくなったと思います。
またロングアイアンが重たいから打てないというだけなら、皆さん短く持って打ってます。私も4Iは短く持って使ってました。
MOI値を知らなくてもみんな工夫をして打てるようにしてます。
こちらの感性の方がずっと大事だと私は思います。
パーシモンのドライバーのくだりも拝見しましたが、当時誰もドライバーを重たいと思って振ってた人はいないと思います。これも酔竜さんの推測ですよね?
長さが43インチ必要なのはドライバーは飛ばすクラブだったから。それをあえて短くする人は居ないと思いますよ。(笑)
ドライバーがヘたくそな人が42インチという短尺ドライバーも当時はありましたし、パーシモンヘッドってリシャフト出来るような品物ではなかったので巧く打てない人は短めに持つ!というので対処してました。
その感覚こそ実践的な感覚です。結果MOI的な要素があるのかもしれません。
私ね、一度 KUROさんへこんな展開で私はMOI値をご紹介してますけど、どうでしょうか?ってお伺いを立てて見た方が良いと思いますよ。
KUROさんが苦労して動的バランスであるMOI値を完成させたのに、酔竜さんのご説明と経験と感性だけでは、全く別物になってる気がしてしょうがない!
私はryuさんのブログの説明で、それほど意識しなくても人間って勝手に自分で失敗して工夫してたら、厳密ではないけどMOI値に近づいてるような方向で道具を揃えるんだなーっていうのが感想でした。
酔竜さんってゴルフ好きな人の感性が何も伝わって来ないんですよね。たまーにクラブ触って、その時の感覚だけですぐに道具をイジるだけの人って感じは昔からずっと同じですもの。
ここのブログっていつも独り言ばかりなので、何かコメント入れてあげたいと思うけど、正直書く事が無いんですよね?
ただ方向性がまた間違ってるなあーって思うと私とかcrowさんとかryuさんが優しくオブラートに包んで気を使ってコメントしてるのをみて、「みんな優しい良い人なんだあー」ってホッとします。


No title

こちらに書き込んでいただいてありがとうございます。

KUROさんのMOI値を信じるということは、その方法論を信じるってことですよね。私もKUROさんの方法論を使っているのでそれほど違いはないはずです。人を見るのではなく方法論です。方法論を論理的に否定されるのでしたら私も納得できるのですが、現状では・・・

ロングアイアンについては打ちたい人だけ打てばいいですし、すでにそう書いています。そして短く持って打つしかできないのならなぜバランスを下げるとか、MOI値を下げるという方向に行かないのか。そうしたら普通に打てるはずです。

感性も大事ですし、工夫も大事です。でもそういう工夫をしないで普通に打てるクラブがあるというのがわかれば、普通の人はそっちがいいなと思うはずです。特にアベレージ層は。

パーシモンのドライバー、NS950よりもっと重いシャフトのアイアンに合わせたらたいして重く感じないと思います。でも文献によると重く感じる人が多かったと書いてありますので私はそれを信用しました。当時のことはわからないのですが。

「酔竜さんのご説明と経験と感性だけでは、全く別物になってる気がしてしょうがない!」というのはどのように別物だとお考えでしょうか。今まで書いてきたようにアイアンの方法論はものすごくシンプルです。私がやると精度が出ないのですが、それでも1g以下の精度でやってますが、実は平気で3gくらい違うんじゃないかとか思っているのですか?ウッドとのマッチングはこれからの課題なので、そこに突っ込まれるのであればまだ納得はいきます。

ところでKUROさんとコンタクトをとる方法は知らないのですが、KUROさんをリスペクトされているある方にここのブログとcameranさんのブログのアドレスを教えて感想をいただくという手はあります。KUROさんにも連絡は行くかもしれません。

なんてことをしてくれたんだ、とお叱りを受けたらそれはもちろん受け止めます。そういうことはしてもいいですか?許可をいただいたら連絡してみますが、感想をいただけるかどうかは保証できません。

No title

クラブの精度を出すのが最終目的ですか?
KUROさんのMOI値ってただそれだけのもの???
少しでも良いショットが打てるのを最終目的にしてるのがKUROさんのMOI値の本来の最終結果では?

酔竜さんのクラブは数値的に私の持ってるクラブより精度が高くキッチリしてるわけですよね?
だったら、良いショットが出ない理由は一体何ででしょうか?まずその理由を教えて下さい。

今までのいきさつを冷静に読んでるとMOI値をキッチリ合わせたところで、ちゃんと練習しないとまともに打てねえじゃん! ここのブログを見た人はそう思うでしょうね。

それなら、なんの為のMOI値なのか?さっぱり理解出来ないのです。

酔竜さんの論理は、クラブの数字だけをキッチリ合わせるだけ!その後が無いから信用出来ないって事です。

KUROさんにMOI値を調整してもらった人達は、良いショットを打てるようになったから、感謝してるわけですよね?
酔竜さんとKUROさんとで全然違うところがここです。
要は良いショットが打てるようになってスコアが上がるから、みんなからMOI値の凄さを理解されてるわけでしょ?
MOI値の最終目的がそこでしょうから、MOI値をやる前に、まずご自分のクラブを固定して使いこなす事がまず最初では?と思います。
ずっと同じ事を言ってますけど、酔竜さんはスコアが悪かった原因を道具のせいにしたことがない!って昔からよくおっしゃいますけど、普通の人はスコアが悪かったら練習場に行ってスイングを見直します。
酔竜さんはすぐに道具をいじりたがる・・・・。私はその感覚が昔から全く理解が出来ないところです。









No title

クラブの精度を出すのはアイアンの番手間のギャップをなくすための手段であって目的ではありません。最近までMOIにして5くらいは誤差範囲だと考えていましたが、その誤差を半分にすることで見えてきたものもありました。

MOIマッチングによって上級者がさらに上を目指すことも可能になるわけですが、私はどちらかというとなかなか上達しない私のような人に対してオススメしたいです。なるべく簡単に打てるクラブを使い、ミスの出にくいコース攻略、というように、まずはゴルフを楽しめるようになってほしい。私の最初の数年間はゴルフを楽しむどころじゃありませんでしたので。

ゴルフがうまくいかないのはクラブのせいもスイングのせいも両方あります。クラブのせいというのを極力排除するとスイングに集中できると思います。私もこの1-2年でかなりスイングが変わりましたし(3/4ショットが打てるようになった)、全く変わっていないわけではありません。そして何度も書きますがスコアメイクの肝はアプローチとパットです。

私の場合MOIマッチングをはじめてから3年弱経過していますので、これから明らかな変化が出るとすればUTとかFWのあたりだと思います。その他は結果が出るとしたらとっくに出ています。私自身結果を求める方ではありませんし、楽しくゴルフをするためにMOIマッチングをしているところがあります。結果については他の方々が出されていますので今更、とも思いますし。

人それぞれの楽しみ方があるかと思います。他人と競うことを望む人もいるでしょうけども私は正反対のタイプです。事情があってラウンド回数もかなり限られますがいいショットを打って楽しく回りたいです。ラウンドも練習もできない時はクラブをいじって楽しみたいです。そうすると練習に行くモチベーションにもなります。

怠けているという見方は当然あるでしょうし、それは否定しません。

そこまで踏まえると、「MOI値をやる前に、まずご自分のクラブを固定して使いこなす事がまず最初では?」これはわかりません。MOIを揃えて自分のクラブを固定して使いこなすこととどう違いがあるのでしょうか。

結局のところ、「へたくそはクラブをいじるな、替えるな、意見を言うな、見ていて不愉快だ」、この数年間ずっとそれを言われているのだと思いますが、心情的には理解できても道理がわかりませんし私には無理です。

No title

「酔竜さんのご説明と経験と感性だけでは、全く別物になってる気がしてしょうがない!」って言うのはね、同じ100打つ人でもレベルが違うんですよ。
もう同じ事10年以上前から言い続けてますけど、昔 同じ100叩きだったcrowさんが言うのであれば、信じると思います。彼は相当クラブを振ってるからクラブに関しての感性は大したものです。昔から結構参考にさせてもらってます。
同じ100叩きでもまともに当たらない人もいれば、コース対応能力が無くて100叩きの人もいます。
実際、コースでいろんな方とラウンドしてると、女性的なゴルフが酔竜さんだと推測します。crowさんは昔の私のようなモノでしょう。ショットは良いけど、狙いすぎて入れてはいけないバンカーへ入れたり、風とか読み間違えてグリーンオーバーしたり、コースの罠にハマって大叩きするタイプの人間です。
だからcrowさんの事はよーくわかります。コース経験が無いタイプの典型ですから練習場でのショットは凄いと思います。
一方、初心者の女性的ゴルフつまり、まともに当たらないゴルファーです。
酔竜さんは後者のタイプです。それは明らかに練習不足の人。クラブが何か?自分のクラブの特徴も何もわからない人です。そんなレベルの人が自分のクラブを振り込んでも居ないのに、クラブがわかるっていうのは妄想です。(笑)

ですから、「へたくそはクラブをいじるな、替えるな、意見を言うな、見ていて不愉快だ」っていうのも全然違います。
この違いくらいはわかるでしょう?

もっとわかりやすく言うと自動車学校に通ってる生徒さんが、この1速と2速のギア、ちょっとおかしいですよ!とかサスペンションがヘタってる車ですね!とか言われても「はあ~?」って思いません(笑)?
でも、免許とって運転技術はヘタクソでも車を乗りこなしてる人が、同じ事を言ったら、多少は信用しません?

この違いがわからない人なんだろうなあ~って昔から思ってます。

もう不毛な議論なので、止めましょう。
最終的には「私には無理です!」って感じで終わるので、意味が無い議論ですから。



No title

cameranさんが個人的にそういう考えであるならいいと思います。
人それぞれ意見が違っているのは当然ですから。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。