スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト会議終了

今年のドラフト会議が終了しました。有原は4チーム競合と思ったより少なかったのですが、日本ハム行きに。まあ去年大瀬良を当てたので2年連続でなくてもいいです。

1位 野間 峻祥 中部学院大 兵庫県出身、俊足の3拍子揃った右投げ左打ちの外野手
2位 薮田 和樹 亜細亜大 広島市出身、身長188cmでやや細身、最速151kmの右投手
3位 塹江 敦哉 高松北高 高松市出身、最速150km/hの左投手
4位 藤井 皓哉 おかやま山陽高 福山の隣の笠岡市出身、最速148キロの右投手
5位 桑原 樹 常葉学園菊川高 静岡県出身、3拍子揃った長打力もある右投げ左打ちのショート
6位 飯田 哲矢 JR東日本 神奈川県出身、最速145km/hの左投手
7位 多田 大輔 鳴門渦潮高 徳島市出身、189cm91kgの大型捕手、強肩で4番打者、長打力あり

今年は7人も指名がありました。1位の野間は松山、岩本あたりにとってかなり刺激になりそうです。即戦力投手としては右腕は2位の薮田、左腕は6位の飯田を指名、あとは高校生という育成重視のラインナップです。楽しみ楽しみ。

背番号のことを考えてしまいますが、1位の野間には菊池の33番、2位の薮田にはキラの13番、こんな感じがいいでしょう。3位以下の選手はこれからの人たちなので大きい番号から。菊池には前田智徳の1番をあげてくれないかなあ。

<追記>勢い余って育成ドラフトをすっかり忘れてしまっていました。

育成1位 松浦 耕大 MSH医療専門学校 八幡南高校出身の捕手、データが検索できず
育成2位 木村 聡司 常葉橘高  ピッチャー兼ショートという二刀流候補か

皆さん、よろしくお願いいたします。

<追記10/26>2位の薮田投手は今年の実績がほぼゼロのようで、素材型のようでした。ですので即戦力投手としては6位の飯田投手がどうかというところです。まあ外国人の左投手を2人も獲得したので(フィリップスを合わせると3人?)、当面はいいのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。