スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ失速の予感

まだまだ2位と予想外の健闘を見せている広島東洋カープですが、内容を見るといつBクラスに転落してもおかしくないような戦い方をしています。

昨日の試合もバリントンが2本のホームランを打たれて7回3失点ですが、これは十分試合を作ったと評価できるもので、実はその点をとられる前あたりに流れが悪くなる伏線があったりします。

球が荒れている内海に対して何も考えずに打ちにいっているように見えました。3ボール2ストライクから簡単にフライを打ち上げるシーンを何回見たことでしょうか。たまにはファウルを打って甘い球が来るように仕向けることもしないといけないはずです。

ラミレスに2ランを打たれる直前の回、小窪がまさに3ボールのあとストレートで3-2となって、そのあと簡単にフライを打ちました。次の広瀬が案の定四球です。小窪が四球で出ていたら全く流れが変わっていたでしょう。特にノーアウトの四球はピッチャーにはきついはずです。変化球が全くストライクになっていなかったのですから。ちなみにそのあと2アウト1-2塁で岩本が変化球を当てに行ってレフトフライでした。

5回の攻撃は2アウト2塁でトレーシーの当たりをファーストがエラーしましたが、2塁走者の小窪が3塁をオーバーランしてタッチアウトでした。6回は3者凡退です。そりゃあ7回にホームランを打たれても全く不思議のない流れです。

今朝の新聞には4回のノーアウト1塁で石原のファーストライナーでダブルプレイのことだけ監督のコメントがありましたが、あんなのはただの不運か、バントさせなかった監督の責任かどちらかです。

私は野球経験者ではありませんし、基本的にスポーツオンチですが、解説者の話を聞いて試合を見ている限りでは、「試合の流れに逆らっては勝てない」というのは確かに存在すると思います。

ノーアウト2塁、1アウト3塁、1アウト23塁、そのあたりで無得点に終わるとか、先頭打者に四球を与えるとか、大事な場面でエラーが出るとか、そういうことをしていては流れが悪くなります。

逆に三者凡退で守りを終えるとか、ファインプレーで得点を封じるとか、流れをよくする方法もあります。キャッチャーがヒットを打つというのもそのひとつかもしれません。

流れというのは証明できるものではないかもしれませんが、勝利の女神様にそっぽを向かれるということでしょうか。

あと、攻撃陣では少し数字がよくなったと言えども栗原、岩本、この2人は何かを変えないといけません。栗原は内角を攻められるとどうしようもなくなります(解説者が言っていました)。長打率は.322とひどいです。当てに行っているか、バットの変なところに当たってばっかりなんでしょう。得点圏打率は3割ちょうどとまずまずですが、これは結果論でしょう。

岩本は左投手が全く打てず、対左は1割5分です。得点圏打率は2割なので、対左の得点圏打率はかなり悪いでしょう。長打率は.349と、栗原よりはいいですが梵より悪いです。

一方小窪.400、井生.389、丸.333、このあたりは結構打てています。天谷も悪くないです。石井琢朗も木村昇吾もいます。昨日はやっと東出を外す決断ができましたが、このあたりの調子のいい選手を使って、悩める主砲たちはお休みでもいいと思います。一年通して休ませるわけではないでしょうから。

ピッチャーは青木を使いすぎで調子が悪くなりましたし、今村の使い方もどうかなと思っています。おととい篠田が炎上した時は2回6失点くらいで今村を投入し、6-7回投げさせてもよかったと思いますが、3回9失点で今村を投入し、3回しか投げさせませんでした。先発陣の新戦力が思いがけず結果を出しているために今の位置にいるだけで、実情は結構厳しそうです。打線に足をひっぱられて投手の調子が落ちてしまうと、最下位めがけてまっしぐらになります。

とりあえず投手の足をひっぱらない打線として、

1番ショート梵、2番セカンド小窪(木村昇吾、石井琢朗)、3番レフト広瀬、4番サードトレーシー、5番ファースト・・・あれファーストがいない。対右投手岩本、対左投手栗原でいいか。6番センター丸、7番キャッチャー石原、8番レフト天谷(井生)、こんなのがいいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。