スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろゴルフモードにしないと

構えを変え、今までは全然当たらなかった先っぽに当たるようになり、たまにヒール付近に当たると構えが悪かったな(今までの構えに戻ってしまったな)と修正して、また真ん中か先っぽ方向に当たるようになります。

この修正をしてまだラウンドしていませんが、月末に一つあります。どうなるものか楽しみでもあり、本番では全く変わらなかったらどうしようという不安もあります。

ドライバー(ミズノJPX E500、44インチ)だけいまいち気持ちよくありません。こすったような打感が多く、フェースが開いて当たっているのでしょうか。計測器ではHS41くらいで200yくらいです。シャフトのしなりもいまいち気持ちよく感じません。アイアン練習をそこそこにドライバーばかり続けて打つといまいちなので、そのあとアイアンをしっかりやってから一発だけ打つとまずまずになります。やはりドライバーはあまり打たない方がよさそうです。

今練習が週1回に減っていますので、そろそろ頭の中をゴルフモードに切り替えないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

酔竜さんこんにちは
私はまったく真逆で、ボールは基本全てトゥ寄りに当たります
芯よりややヒール寄りで捉えたいのですが、無意識に振るとおもいっきりトゥ(フェースからはみ出してしまう)になります
これは多分、右肩が突っ込んだカット打ちになってるからだと思うのですが、他に考えられる原因ってあるんでしょうか??

気持ちハンドダウンしてインサイドアウトに振ると芯に当たりますので、今はそういう打ち方を練習しています

ドライバーの練習もするんですが、トゥよりインパクトどころかクラウン先端にヒットしてしまうので、これは何とかしたいです
やっぱり突っ込んでるんでしょうか??

No title

こればっかりは実際に見ないとわからないですね。デジカメの動画とか撮れればいいですし、一番簡単なのはゴルフショップで弾道計測器を備えているところを探して(こちらではゴルフ5)何か試打をするのがいいです。

その時、「なぜトウに当たるんですかね。当たりにくいクラブってありますか。」なんて聞いてみて、「カット打ちになってるんですか」というふうに聞いてみると教えてくれると思います。

トウに当たる原因はいろいろありますから、やはり実際に聞くのが一番です。アドレスでかかと体重になり過ぎているだけでもそうなるでしょうし。

ドライバーの場合はティアップを低くしたらどうなるでしょうか。ティアップが高めでダウンブローに入ってボールの下をくぐりかけているのでしょうか。アドレスで体の軸を右に傾けるというのが効くかもしれません。

No title

思い切り簡単です。アドレスしたら、右足を一歩引いてアドレスして、意識的にインサイドにテークバックするだけで治ります。あとはボールに十字の線が入ってるイメージを持ってアドレスした位置から4分割されたボールの右下を打つのです。
ティーショットならボールに十字を入れてアドレスするだけでわかりやすいでしょう。ボールにマーカーペンで十字の印を入れるとパッティング時でも有効です。練習場でも恒にそのイメージ打てば良いだけ。

No title

しろうとさん、アドバイスありがとうございます。

「思い切り簡単」とは心強いです。

ヘッドスピードアップにも役立つかもしれませんね。

No title

酔竜さんへのコメントではなく、アキラさんへの課題についてでしたが、酔竜さんにも有効だと思います。
クローズに立つとボールから離れて立ち、スイング軌道もフラットになりますからね。
酔竜さんのスイング的欠陥はボールに近すぎる。よって軌道がアップライト。インパクト後、クラブの抜け場所がないから左へ抜く。だからアウトサイドインになる。これですね。
あとアキラさんのドライバーでクラウン部分に当たるのは俗名「テンプラ」と云います。
これは、アイアンと同じ感覚で振るとなります。ヘッドが上から鋭角的に降りてきてますからロフトもかなり殺されています。10度のロフトなら8度とか、これならちゃんと当たれば、まず球を上がりませんね。テンプラはよく上がりますよ。
スイング軌道のイメージをまずドライバーはV軌道ではなくU軌道だ!とイメージを持つことです。それを打ちやすくするアドレスがあります。まず、背骨から頭にかけての軸を右へ傾ける。すると右足加重のアドレスが完成します。
次にその傾いた背骨を軸にして回転します。傾いた軸のまま、回転します。一番良い師匠は女子プロのカーリーウェブです。彼女のスイングをネットで探して参考にしてください。ああ、こんなスイングねってすぐにわかると思います。
では。

No title

酔竜さま こんばんわ
しろうとさんアドバイス頂きありがとうございます

一応、スタンスはクローズにしてインサイドアウトを意識していますが、なかなか・・・
10球に1球くらいはスパーンとキモチよく当たって180yくらい飛ぶ時があります



10球に1球以下では話しになりません
アイアンと同じスイングで打っている、というご指摘はまさにその通りだと思います
10球打って8球以上が地を這うスーパーライナー、1球が超超ドテンプラ、着弾まで30秒(笑)状態
そして1球がスパーンと飛んでいく感じです

どうもドライバーのスイングというのがわからなくて・・・
軸を右に傾けるというイメージもアタマではわかってるのですが・・・

練習あるのみでしょうか・・・

U字軌道イメージ、ちょっとイイ感じです、明日、試してみます

No title

アキラ様

なるほど、テンプラではなく基本はトップしてるわけですね。じゃアドレスはスクウェアに戻しましょう。
たぶん、クラブが鋭角に降りてきてロフトが殺されてトップしてるのかもしれないですね。
ドライバーのロフトはクラブ全体で最もロフトが少ないのです。それを鋭角的に上から振り下ろしてるわけですから、ますますロフトが立ってるしまってるのでしょうかね?
よく言われる事ですが、ドライバーはアイアンと違って最下点よりヘッドが上がった位置でボールにミートします。だからティーアップしてるわけですね。ですからティーアップに合ったアドレスがとても大事なのです。
まず正しいアドレスを覚えてからクローズなりオープンなりのアドレスをとったほうが良いでしょう。
∪字イメージを持つのは良いことですが、具体的にどうすれば良いのか?
∪字で振れるアドレスを完成させる事です。具体的に書きますので明日の練習で実践されて見てください。
まず両肩の幅でアドレスします。次にスタンスの中心に両手のグリップが来るようにセットします。前傾して背筋を伸ばし、膝を少しだけ折る。これが基本のアドレスです。これがアイアンの基本形。
じゃドライバーは?と云いますと今のアドレスから両足の幅分スタンスを広くとります。
手の位置はまだアイアンと同じように喉仏の下股間の真ん中のままです。ドライバーのボールポジションは左足踵前ですから、その手の位置を左へスライドさせます。位置と股間の真ん中から左太ももの内側くらいまで移動させます。
すると右肩が下がり、背骨が右に傾き、右足加重になるはずです。
極端に右足加重、背骨を右に傾けなくてもスタンスを広くし、両手の位置を左へ移動させるだけでドライバーのアドレスが簡単に作れる事をまず理解して下さい。
どうです?上からクラブを叩きつけるイメージから∪字に振れるイメージが湧いてきませんか?
そのイメージが出来たら、アドレスは完成です。
今日はここまで。

No title

酔竜さまこんばんわ
しろうとさんアドバイスありがとうございます

練習あるのみですね~
ドライバーはまったく振れていません・・・
ってか、40インチ以上あるクラブは全部マトモに振れてないですね・・・

まだ初めて1年もたってないのでちゃんとするならスクールですかね

基本100yをキャリーするクラブがないのでちゃんとしたレッスンでも通う方が早いですね

そして、今日、練習場にあったレッスンのパンフレットを持ち帰った次第です(笑)

No title

結局はレッスンという結論が多くなりますよね。自分で思っている形や動きと実際のものはかなり違っていることが多く、見てもらった方が確実です。

しかしながら、レッスンプロも玉石混淆で、合わないプロに付くと大変です。しかも行きつけの練習場のプロが合わないとなると、やめるにやめられない、と。

しろうとさんのブログにありましたが、レッスンプロのタイプは2種類あって、自分の型を押しつけるタイプと、その人に合わせて臨機応変に対応するタイプがあるようです。

私自身で言うと前者のプロはまず無理で、後者のプロでも言われる通りにやれるか自信が全くありません。ですので相当ネット上の皆さまにはレッスンを受けろと言われていたにもかかわらず、未だにレッスンは受けていません。今なら以前よりはやれるかなとは思っていますので、選択肢は捨ててはいませんが。

1-2回通ってみて、行けそうだと思ったら続けるという感じで、ダメだったら後腐れなく、というやり方がいいのではないかと思います。

No title

あと、もし自分でスイングを立て直すとするならば、ショットマーカー(フェースに貼って打球跡が付くシール)と、動画撮影用のデジカメかビデオカメラ、三脚、このあたりが必要ですね。

ドライバーの打点はまずショットマーカーでチェックしてみてください。ボール位置を飛球線方向(左足寄り)にずらしたり、その反対側にずらしたりして、打点の位置と球筋が変化するか試してください。そうすると今のスイングでの(最適なスイングでの、ではありません)適正なボール位置がわかります。

ビデオの動画はYoutubeにアップしてしろうとさんなどに見ていただければ、より詳しいアドバイスがいただけるかと思います。顔がバレないようにサングラスと深めの帽子は必須です(^_^;)。プロレスラーのマスクなんかあったら完璧です(持ってたらすごい!)。

そういえば、私の超初心者時代は連続素振りが効果があったことを思い出しました。ドライバーを素振りして、トップまで行ったらすぐに今通ってきた軌跡の通りに振り戻して(いつものバックスイングのスピードくらいで)、もう一度振る、これを繰り返しました。これならチェックポイントもいらないと思います。

No title

酔竜さま こんばんわです

いつも色々アドバイスありがとうございます
連続素振り・・・すごく良さそうですね
まずはあの長さと遠心力に負けないようにしないといけませんね

ショットマーカーの事が書かれてましたが、ハッキリ言って100万光年早いです(笑)
一度見て頂ければわかるんでしょうが、クラウン先端にヒットですから(笑)
ショットマークにマークがつかないですね・・・(涙)

一応、カシオのゴルフデジカメ持ってるんです>私
スーパースローで見れて首とクラブに線が引けるアレです
一度撮影してどこかに載せますので、ご指南頂けますか?>酔竜さま、しろうとさま、諸先輩方・・・

もう少し(6月中くらいまで)自力でやってみてダメならスクールです

No title

そういえば今ではすっかりやらなくなった連続素振りですが、当時はかなりよかったと思います。

連続素振りでバックスイングに入って、シャフトが地面と平行になる時に切り返す(ダウンスイングを開始する)くらいの意識で振ると、力を入れなくてもスピードが出る感覚がつかめるかと思います。

私にはこの感覚をつかむのが重要だったと思います。昔は何も考えずに連続素振りをしていましたが、バックスイングが上がりきる前に下半身主導で切り返す、このイメージを持つとさらにいいのではと思います。

あとはヘッドの重みを感じながら、ヘッドが今どこにあるかイメージしながらというのも加えるといいと思います。

この記事だけでもたくさんコメントがありますし、全部一気にやるのは不可能ですから、やれそうなところからやってみてください。動画もぜひ見せてください。

No title

酔竜さま、こんにちわです

今日もレンジへ出陣しました(笑)
また編集してupしますので、御指南下さい(笑)

別件ですが、パーゴルフの今週号、ご覧になって下さい
特集は 森守洋プロのダウンブローです
思わず買っちゃいました(笑)

携帯からの書き込みなのでこの辺で失礼します
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。