スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅内閣続投決定

今日の内閣不信任案の投票で、結局民主党からの造反はほんの少しで、大差での否決となりました。

あれほど小沢さんとか原口さんとかがワーワー言っていたのが嘘のような静けさです。不信任案反対ということはすなわち菅内閣を信任するということですから、以前の発言とこのあとの活動との整合性はとれるのでしょうか。

まあ小沢さんにしてみれば、民主党が分裂して小沢新党が自民党公明党とくっついて政権をとるメリットと確率、そして民主党がこのままで菅首相がそのうち辞任した状態、このあたりをてんびんにかけて、自分が影響力を持った上で後者であれば悪い話ではないと思ってそうしたのでしょう。

被災地復興も原発の事後処理も全く進んでいないのに、今後は進むと思っているのでしょうか。

誰のための政治か、誰のための政局か、そのあたりを考えると、現内閣を一刻も早く退陣させて、仕事のできる内閣を作るべきでしょう。小沢さんや仙石さんあたりは人を動かす能力はあると思うのですが、能力の使う方向がちょっとずれているような気がしますし、民主党の他の有名どころはそれすらも厳しそうです。

民主党のまともな人(能力はあまりなくてもいいので)が集まって、自民党と連立を組むというのを期待したのですが、無理でしょうかね。谷垣さんはちょっとやばいのでトップは石破さんあたりに交代すればいい感じです。

いずれにせよ、一時的に政治的空白が生じたとしても、官僚が動いて何とか国が動くはずなので、民主党やマスコミが言うような「ここで政局をやるべきでない」というのは当たらないと思います。どうせ何もしないのですから何も変わりないでしょう。

そもそも菅内閣が国民の信任を受けていないのは事実ですし、その上支持率も低迷しています。また外国人からの献金問題は追及される一歩手前です。ちょうど今「震災と原発が一段落」している時ですので(そうでなければいつ一段落するのでしょうか)、今すぐに内閣総辞職するのがいいタイミングだと思います。

まあ、そのあと誰が首相になるかを考えるとかなり憂鬱だったりしますが(汗)。このままいけば2年後には民主党は大いに衰退するでしょうし、無名議員はほぼ全滅するでしょうから、心ある議員が何も考えていないわけはないと思います。早く何とかしてくれえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。