延長戦の戦い方、そして現実となった8番菊池

おとといは延長11回サヨナラ負けでした。野村が6回3失点とクオリティスタートでしたが、7回に投げた永川が3ランを打たれ3失点。9回に山崎康晃から3点とれて同点にしたのは素晴らしかったのですが、勝ちパターンのリリーフをフルに使ってサヨナラ負けは結構痛いです。

昨日は大瀬良がDeNA打線に対してナイスピッチングでした。8回104球1失点と球数少なく抑え、おととい延長戦で疲弊したリリーフ陣を休ませることができました。中﨑だけは9回に起用しましたが連投となり、今日は使わないでほしいですね。

延長戦の戦い方についてはいろんな考えがあると思いますが、ホームチームは9回からいい投手を順番につぎこむ、ビジターはいくらその回を抑えてももう1イニングあるので考え方を変える、というのがセオリーでしょうか。背水の陣で臨むならホームチームと同じ戦い方もありです。

私はその日以降の試合まで見据え、中﨑とフランスアのどちらかは温存した方がいいという考えです。特にフランスアは最近かなり登板が多く、この2週間で6回登板し連投を2回しています。イニングまたぎ+連投にはなっていないのはよく考えた起用をしていると思いますが、昨日普通の展開なら登板することになってました。下手すると今日も含めて三連投になりかねませんでした。

ということで大瀬良の頑張りでフランスアが連投せずにすみました。今日はぎりぎりフランスアは使えますが、中﨑が登板すると三連投になるので避けてほしいです。

首脳陣はこういうシミュレートは当然しているでしょう。三連投までは許容範囲と考えているかもしれません。しかしポストシーズンの戦い方は今までと変えるべきでしょうし、僅差リードで使うリリーフの枚数を増やして余裕をもった起用をしていただきたいです。今村とジャクソンが二軍調整中ということは、中﨑だってその中に入る可能性が十分あるわけですから。

ところで昨日は8番菊池という打順がとうとう採用されました。2番安部というのは微妙ですし、左打者が3人並ぶのはさすがに対右投手限定でしょうか。今日の今永先発に対してどういう打順を組むのか興味津々です。今までも書いてきましたが菊池はフリーに打たせた方が彼の持ち味が出ると思いますから大賛成です。

せっかくなので1番田中、2番丸、3番誠也、4番松山、5番バティスタという恐ろしい上位打線を組んでほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR