三連続被弾で6点取られ逆転負け

先発野村は6回終了時で93球、7回終了時で99球、結果7イニング投げて1失点と最近の中では素晴らしい結果です。昨日を抜きにした直近5試合では7回無失点108球、5回6失点86球、5回無失点103球、6回3失点108球、6回2/3 3失点96球、と一定の傾向が見えます。つまり6回100球前後で交代することがほとんどで、球数も多め、完封に近いような圧倒的なピッチングをすることは少ない、と。

昨日は8回も野村続投になりましたが、首脳陣は果たして何を考えていたのか知りたいです。6回99球と7回99球を比較するとおそらく後者の方が疲労度は大きいはず。7/7に7回無失点108球したのを抜きにすると(間隔が開きましたし暑さは昨日の方が厳しいでしょうし)、この1ヶ月の4登板は普通の先発投手の結果になります。すると7/7のピッチングはむしろ例外に見えます。

シロウトの見方にすぎませんが、昨日は7回を投げきって(6回と言いたいところですが)交代させるには十分な理由があったと思います。むしろ8回を投げさせるのはハイリスクローリターンではないでしょうか。8回は1番大和からの攻撃ですから、20球以上必要でしょうし、あとづけですが最後まで投げられそうなイメージがわきません。

もちろんフランスアが使えないからという理由はありますが、7回99球投げた野村より抑えてくれそうな投手はいるんじゃないでしょうか。実際8回の野村の球を見ると、何かぱっとしないなと思いました。もしかしたらですが、6回93球を投げきって、もうぎりぎりだけど長くても7回だから、と自らを奮い立たせていたのかもしれません。

一岡の球は8回頭の野村に比べると上だったように見えました。単純にストレート待ちの強打者に対し、厳しくないコースにストレートを投げて打たれただけでしょう。一岡とか高橋樹也かを8回(7回)頭から投入していたら、というのは結果論かもしれませんし、それでも打たれていたかもしれません。ただやはり8回野村続投はギャンブルのように思えて仕方ありません。

ともかく負けたことは仕方ありませんし、熟慮した上での結論でしょうから本気で批判するつもりはありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野村はあきらかに引っ張りすぎでしたけど昨日は一岡が論外すぎでしょう。

まだ筒香のグランドスラムはキツイ場面の緊急登板で仕方ないにしても、

そこからさらに2者連続でホームランは・・・あれなかったらまだ分からなかったのに。
ボールは良かったけど厳しいところに投げれなかっただけってそれ全然擁護になりませんよ。

ただ強いボール投げるだけならそれこそ今甲子園で投げてる高校生でも投げれるの何人かいますし。

大谷の160キロだって当てるだけならプロは割と簡単にあてるんですから、

昭和の頃ならともかく150届くか届かないのストレートじゃコースに投げないと今は簡単にヒット、ホームランされますよ。
まあ、一岡も去年からよく投げてくれてますし、先週4連投してくれたりしてるんで酷なこと言ってるのは自分でも思いますが、

昨日の一岡に関しては、今週の勝ちパの中じゃ休養貰ってるほうなのに役割果たせず試合ぶち壊してるんですから話になりませんよ。

フランスアが昨日投げれなかったり、一昨日打たれてたりしてるのは水曜に無駄遣いしたりしてる首脳陣の責任と思いますけど、
昨日の一岡の投球は本人が不甲斐ないだけです。

No title

一岡については厳しいところに投げられなかったという部分はあるのですが、ではどうしたら
勝ちにつながる投球ができたかというと、なかなか作戦が浮かばなかったりします。

石原のリードが果たしてよかったかという問題もあるでしょうし、厳しいところに投げられず
ボール連発になることをどこまで許容するかというのもあります。3点差で満塁で筒香という
恐ろしい状況ですから、押し出し上等という作戦でもよかったかもしれません。

ノーアウト満塁で筒香と宮崎が相手で、最低2点くらい覚悟の場面です。9回に中﨑を登板
させて打たれることも想定内ですし、あの場面破れかぶれで力一杯コース甘めでもいいから、
と打ち損じ期待モードで投げたとすれば、それも一つの選択かなと思ったりします。

宮崎のホームランは2球続けたストレートがど真ん中に入ったということで、これは裏を
かいたつもりが裏の裏だったんでしょうか。ソトのホームランはインローのフォーク
のようですが(いずれもYahooの一球速報を見ながら書いています)、これは何とも
言えません。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR